Sebastien Cauet– テレビからはみ出て、雑誌、ハンバーガー。

 木曜22時半というゴールデンアワーに、TF 1から放映されているトークショー ”La méthode Cauet”。司会のセバスチャン・コエ(33)が、ゲストの歌手、映画スター、ポルノ俳優、スポーツ選手、作家などに、ゴシップのネタになりそうな、ちょっとセックスがらみ、時にはスカトロジーな質問をぶつける。ゲストともども和気あいあい、カフェのカウンターでのちょっと酔っぱらったおしゃべりという感じが、視聴者ののぞき見趣味にも受けて高視聴率を上げている。どこにでも転がっていそうなおじさん顔のコエは、今が稼ぎ時と、ハンバーガーの広告には出る(いささか消化不良のところが彼の番組との共通点といえば共通点)、ゴシップ誌 “Guts” を創刊する、と今マスコミの脚光を浴びているところだ。
 1972年、エーヌ県のサン・カンタン生まれ。13歳でローカル局でラジオ番組を持った、というくらいのラジオ好き。Fun Radio、NRJを経て、2000年にはEurope 2 のディレクターに。”La méthode Cauet” は2003年に始まった。(真)