女性の感覚。

 12月、クリスマスシーズンということで今回は2冊紹介しよう。(樫)
●Nina Bouraoui “Mes mauvaises pensees”
 本年度ルノドー賞受賞の本作は、ニナ・ブラウイの第9作。彼女は現代フランス文学の代表的女流作家といってもよい。300ページ近いこの小説、なんとパラグラフはたったの一つ。びっしりつまった文字をみると、一瞬たじろいでしまいそうだが、文章自体はそんなに難しくない。というのも、語りは心理カウンセラーに打ち明けるように、日常の言葉、心から出る言葉でつづられているから。さらに、自由間接話法とか、ややこしい文法・文体もなく、ほとんどが現在形で語られる。語られるのは、フランスとアルジェリア、母と父、「彼女」のことなどなど。作家がアルジェリア人の父をもっていること、レズビアンであることからも、ブラウイの「色」がうかがえるだろうが、彼女の作品からひしひしと感じられるのは、なによりもまず、現代フランス女性の感覚と現代フランスの女的感覚だ。

●L.Bourgine (texte) /B.Arnold (photos)
“C’est mon doudou”
 本書は、3人の子供をもつ母親が書いた本。数十匹(?)のDoudouの「現実の」お話。ひっぱられたり、かまれたり、よだれとかはもちろん、幾千ものビズゥでぼろぼろになったDoudouたちの写真とそれぞれの短い逸話からなる。いずれの写真・お話も愛がたっぷり。
 ところで “Doudou” って何?というあなた、この本はみごとにその疑問に答えてくれる。フランスの子供文化、「ドゥドゥ文化」が垣間見られるのだ。子供への絵本としてもいいが、大人でも十分にほのぼのと楽しめる。女友達に、お母さんに、子供に、いいクリスマスプレゼントになるでしょう。


Stock, 288p., 18 euros.


Intervista, 84p., 14 euros.

 


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る