死の匂いが濃厚だ。 Gustav Klimt : papiers erotiques

 19世紀末から20世紀初頭にかけてウィーンで活躍したグスタフ・クリムト(1862-1918)の、エロチックな素描120点を見せる展覧会。
 クリムトというと、金箔をちりばめた有名な『接吻』が思い出される。恍惚の表情で接吻する男女に豪華な装飾が加わった、優雅さに満ちた作品だ。油彩のクリムト作品では、愛も性も死も、豊かな色彩と絢爛たる装飾のベールで覆われている。
 ところが、素描にはそれがない。この展覧会では、余分なものを取り払った、裸のクリムトを見せられたような気になる。
 発表するためではなく、自分のために描いたとされるエロチックな素描群を見るのは、片付けられていない画家の寝室に足を踏み入れるようなものだ。クリムトのアトリエに入れる人たちは限られていて、素描は、一部の批評家や愛好家のあいだでしか知られていなかった。彼らは、クリムト作品の中でも、素描を一番評価していたという。
 描かれているのは、交合する男女や、服をたくし上げて性器を露わにする女たち。同じポーズが、年月を経ても、繰り返し出てくる。モデルを使った素描と、想像で描いたものがある、と筆者は推測する。
 顔と乳房と性器は、同等に描かれている。その他の部分は輪郭にしかすぎない。1913年頃の素描では、顔から「個」が消え、性器が画面の中心になっている。性器を覆う体毛が、装飾的な役割を果たしている素描もある。クリムトは、かなりリビドーの強い人で、女体や性に強烈な関心を持っていたことがうかがえる。実際、クリムトの女性関係は奔放だった。
 しかしその一方で、素描からは、女を同等な存在と考えず、モノ的に捉えている、19世紀の古い男の観念も感じられる。
 描かれた女たちは、目を閉じている。眠っているようでも、恍惚の表情のようでも、死んでいるようでもある。つかの間の快楽の中で、宙ぶらりんになっているような危うさがある。やせこけた頬の仮面のような顔は、ムンクの『叫び』を思わせる。クリムトの素描には、油彩よりも死の匂いが濃厚にある。(羽)

Fondation Dina Vierny-Musee Maillol :
59-61 rue de Grenelle 7e
5月30日迄(11h-18h、火祝休)


abcd la Galerie
 アール・ブリュットArt brutの小さなミュージアムがオープンした。ジャン・デュビュッフェが命名したアール・ブリュットとは<原生芸術>を意味し、幼児、精神疾患者、無名のアマチュアなどが他者を意識せずに創作した表現物のこと。本能的で理性の関与しない作品群だ。
 主宰者は映像作家ブルーノ・ドゥシャルム氏。展示作品は彼が80年代から始めた約2000点のコレクションがベースとなっている。哲学と美術史を学んでいたころにデュビュッフェのアール・ブリュット・コレクションに出会い、映像作家として活躍するかたわらコレクションを充実させてきたが、この芸術への理解を一層深めようと、5年前に世界各国の専門家と共にアソシエーションを発足。関連書の出版、討論会の主催、展覧会の企画、ドキュメンタリーフィルム制作などを行ってきた。そしてこの3月にミュージアムを開館。極めて個人的だが同時に普遍的な作品を前に、誰もが心を引っ掻かれたようなうずきを感じることだろう。(仙)

12 rue Voltaire 93100 Montreuil
M。Robespierre 11h-19h。土日のみ開館。
Le chant des sir熟es展は7/11迄。同展は今秋東京銀座資生堂ギャラリーへ巡回。


●Philippe HIQUILY (1925-)
 1950年代より金属の立体作品を作り続けるアーティスト。70-80年代制作のブロンズ彫刻と60-70年代制作の家具を、2つのギャラリーが同時に展示。4/30迄。
Galerie Patrice Trigano(ブロンズ作品):
4bis rue des Beaux-Arts 6e
Galerie Yves Gastou(家具):
12 rue Bonaparte 6e

●Miguel CONDE (1939-)

 メキシコ人を父に、アメリカ人を母に持つ。メキシコ、アメリカ、スペイン、フランスに移住しながら、さまざまな場所や時間の文化を自分の世界に編み上げていく。デッサン、グワッシュ、版画作品。4/30迄。
Galerie Michele Broutta :
31 rue des Bergers 15e

●Victor Hugo dessin
 春から年末まで3回にわたりヴィクトル・ユゴーのデッサン展。そのシリーズの第1回は、ユゴー館創立者ポール・ムーリスのコレクションから。ユゴーの文学作品に深くかかわる風刺画や風景画などの作品からユゴーの限りない才能を知る。また、画面に組み入れた文字やフロッタージュなどの技法は20世紀へつながる芸術を予感させる。5/5迄(月休)。
Maison de Victor Hugo : 6 pl. des Vosges 4e

●La poesie de l’encre-Tradition lettree en Coree
 中国と同様に朝鮮でも絵画は書、詩歌と切り離せない。14世紀末から20世紀初頭の朝鮮半島の絵画、書を展示。自然主義でいて抽象的。6/6迄(火休)。
Musee Guimet : 6 place d’Iena 16e

●Le Neo-impressionnisme, de Seurat a Paul Klee
 印象派の原理から抜け出そうと腐心したスーラとシニャックが分割描法の作品を発表したのは1886年。巧妙な構図と光り輝く色彩を放つ彼らの絵は、印象派画家ピサロや次世代の若い画家たち、ゴッホやアングランなどに大きく影響を与えた。印象派後に広がったさまざまなムーブメントを追う。ドイツ表現主義、イタリア未来派、フォービスムまで。6/26迄(月休)。
オルセー美術館

●Bresil indien

 1万2000年以上の歴史を持つブラジルの先住民。現在でもおよそ50万人、220部族が森林地帯を中心に生活をしている。マスク、羽飾り、装身具、焼き物、楽器など350点を展示し、先史時代から今日までのブラジルインディアン文化を幅広く紹介。フランスにおけるブラジル年を記念する展覧会。6/27迄(火休)。
グランパレ


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る