L’ami Marcel –質の高い料理とサービスなのに、敷居が全然高くない。

 以前からおいしくワインを飲める店として知られていたが、昨年、経営者が若いカップルに変わってリニューアル。地方の物産など、素材を大事にした本格的なフレンチが気軽に食べられると評判になっているレストランへでかけた。聞けば、この店を仕切るエリックさんは、マキシム、ルドワイヤン、ルカ・キャルトンと名だたる最高級のレストランで修業したそうで、彼と奥さんのジョアンナさんの丁寧で気さくな、若々しい応待がこの店の大きな魅力ともなっている。
 メイン+前菜か、デザートを選べる18
のランチにトライ。友人が鴨のフォアグラのテリーヌと、白身魚と野菜のブイヤベース風を、私がサーモンのブロッコリー・クリームと、子羊の肩肉のコン
フィ、小粒ジャガイモ添え、そしてコルビエールの赤(25cl/5
安い!)を注文した。
 テリーヌにはフォアグラに合わせてイチジクが入っていたり、赤タマネギと果物の甘酸っぱいコンポートや、フレッシュなサラダが添えられていて気遣いの感じられる一品。ブロッコリーのクリームスープにサーモンの切り身のグリルが浮かぶ一皿も、彩りもきれいだし、何より優しい味わいに胃が喜びそうな料理だ。
 メインは、圧倒的に子羊のコンフィが美味しかった。ボリュームもさることながら、昔風のマスタードの入ったソースがアクセントとなって、肉も野菜も力強さがある。立体的な盛りつけもダイナミックでいい感じ。
 夜のサービスでは、メインと前菜かデザートの2品コースで23
、3品だと29になる。料理もより繊細で、なおかつチョイスの幅もぐーんと広がるし、ゆったり食事もできるので、夜に出かけるのが断然おすすめ。昼も夜も満員のことが多いので予約をしたほうが無難です。(月)

子羊の肩肉のコンフィ、小ジャガイモのまるごと添え。

33 rue Georges Pitard 15e 01. 4856 .6206 日月休