静かにそこにあるだけで幸せな黒や黄色。 Serge Poliakoff “La saison des gouaches”

 フランスに帰化したロシア人抽象画家、セルジュ・ポリアコフのグアッシュ展。
 1900年にモスクワの富裕な家庭に生まれたポリアコフの人生は、1917年のロシア革命で一変する。著名な歌手だった叔母とロシアを逃れ、ギター弾きとして放浪した後、1923年にたどり着いたのがパリだった。その後、ギターが生活の糧となったというから、絵だけでは生活できなかった画家の苦労がうかがえる。絵に専念できるようになったのは、初めて作品が美術館に買い上げられた年の4年後。画廊と契約できたおかげだった。ポリアコフは52歳になっていた。
 いくつかの絵画アカデミーで勉強した後、35歳のとき、ロンドンに渡る。大英博物館で、エジプトのミイラの木棺に、色が重ね塗りされて層になっていることを発見したのが、画家としての一大転機になった。これをヒントに、グアッシュの色を混ぜるのではなく、上から重ねていく技法を使い始め、独特の質感を作り上げることに成功した。
 ポリアコフの色には、ボリュームがある。しかし、決して重くはなく、葛(くず)でできたお菓子のように、柔らかくフルフルとしている。色は、絵の中で同じ位置を保ちながら、動いている。
 同じ抽象でも、前回紹介したオーレリー・ヌムールのような、色同士の対話や、色が語りかけてくることはない。1955年頃のComposition rougeでは、黒も黄色も、そこにあるのみ。けれども、静かに、ただそこにあるだけで幸せな黒なのだ。
「象徴主義の絵画では、赤い丸は太陽を示しているが、それは違う。赤い丸は赤い丸だ」。こう語ったポリアコフに、色や形への意味づけや、心情的な思い入れはなかったのだろう。
 生活のために、1946年にテキスタイルデザインを手がけたことがあった。好評を博したが、続けていたら絵がダメになると感じて、やめてしまったという。穏やかにそこにある色は、布の上に転写されても、同じようにそこにある。ポリアコフの色にはそんな従順さがあるだけに、工芸に芸術家精神を盗み取られてしまうのではないかと危惧したのかもしれない。(羽)


Composition rouge, vers 1955
Gouache sur papier 46x61cm
C : ADAGP 2004

Fondation Dina Vierny-Muse Maillol
61 rue de Grenelle 7e
11月7日迄/11h-18h(火休)


Le Plateau
  アートスペース『le Plateau』は、ビュット・ショーモン公園の北、テレビや映画のスタジオ、プロダクションのあったSFP跡地の一角にある。大手不動産企業によって集合住宅に変えられた一帯だが、文化の匂いを少しでも残そうと設立されたもので、ジャンルを問わず現代美術を紹介するスペースとして2002年1月にオープンし話題を呼んだ。
 広く無機質な空間にはゆったりと作品が展示され、アーティストが繰り広げる世界にじっくりと浸ることができ、美術館レベルの満足感が得られる。
 現在展示されているのは写真家エリック・ポワトゥヴァンの作品(11/21迄)。大きく伸ばされた写真のモチーフは風景、静物、ヌード、ポートレートと多様だが、どれからも共通して感じるのは「静止した生命の一瞬」ともいえる強いメッセージだ。
 ここでは展示作品にちなんだコンサートやパフォーマンス、公演、朗読などもあり、意欲的な活動が行われている。秋のビュット・ショーモンを散歩がてら、ここまで足をのばしてみたい。入場無料。(久)

火水木14h-19h土日11h-19h 
22 rue des Alouettes 19e 01.5319.8410


●Autour d’Andre Breton
アンドレ・ブルトンの遺したさまざまなオブジェのコレクションから。
10/23迄(日休)。
パリ9区区役所 : 6 Rue Drouot 9e

●Anders MOSEHOLM (1959-)
ひと気のない古い建造物、都会の人々。過去と現在の間に戸惑うようなおぼろげな風景。デンマーク人画家の作品。10/23迄(日月休)。
Galerie Birthe Laursen :
56-58 rue Vieille du Temple 3e

●Nan GOLDIN (1953-)
聖バルバラ、自殺した姉バーバラ、作者自身。女として、人間として、モラルに反抗しながら苦悶する3人の女の物語。写真、ビデオのインスタレーション。11/1迄(無休)。
Chapelle Saint-Louis de la Salpetriere :
47 bd de l’Hopital 13e

●Alberto SORBELLI (1964-)
女装し、娼婦の扮装でモナリザをバックに写真撮影するというプロジェクトでルーヴル美術館から立ち入り禁止を命じられた。状況を仕掛け、現実社会の反応をそのまま作品として展開してきたアーティスト。写真、関係資料を展示。11/6迄(日月休)。
Galerie Maisonneuve :
24-32 rue des Amandiers 20e

●Sally MANN (1951-)

アメリカ人写真家。内戦で人々が戦い、死んでいった地にカメラを据え、風景に刻まれた過去の記憶を掘り起こす。19世紀に使われていた手法、コロジオン感光膜を用いた、絵画のような写真作品。11/27迄(日月休)。
Galerie Karsten Greve: 5 rue Debelleyme 3e

●Manuel Alvarez Bravo,
Henri Cartier-Bresson, Walker Evans
1930-40年代にニューヨークのアートシーンに多大な影響を与えたギャラリスト、ジュリアン・レヴィが1935年に開催した写真展 “Documentary & anti-graphic photographs” を再現。後に重要な写真家となる3人、アルヴァレス=ブラヴォ、カルティエ=ブレッソン、エヴァンスの作品。オリジナルプリントを展示。12/19迄(月火休)。
Fondation Henri Cartier-Bresson :
2 impasse Lebouis 14e

●L’Italie a la cour de France
16世紀前半、ルネサンス盛期、イタリア遠征中にその芸術に触れて感動したフランス王フランソワ1世は、多くの優れた画家たちをフランスへ招き、フォンテーヌブロー城の改装にあたらせた。フォンテ−ヌブロー派と呼ばれ、その後のフランス芸術に大きな影響を与えた画家の中から、ロッソ・フィオレンティーノの「キリストの死」と、プリマティッチオのデッサン、絵画、彫刻を展示。
2005年1/3迄(火休)。
ルーヴル美術館