OVNI 545 : 2004/6/1

●植物園のクマ引っ越し
 植物園(パリ5区)にいたルイーズとパシャの2頭のクマが5月初めから姿を消したが、ご心配なく。27年前から「クマにとっては時代錯誤的な牢獄」と動物保護協会が、植物園のクマの飼育環境のひどさを非難してきたが、ようやくのことでイヴリーヌ県にある広大なトワリー動物園に引っ越し。のびのびと生活しているそうです。
●低家賃住宅からの強制退去がなくなる
 5月12日、ボルロー雇用・労働・社会相は、低家賃住宅(HLM)に住んでいる人は、家賃を滞納していても失業などの理由でやむを得ない理由がある場合、強制的に退去されることのないようにと各公団に通達し、民間もこの措置に倣うように勧告した。2002年度を例にとると、低家賃住宅で7500件の強制退去があり、共産党や人権擁護協会などは、これらの強制退去を中止することを以前から要求していた。
●パルムドールにムーア監督の『華氏911』
 5月22日夜、第57回カンヌ映画祭の授賞式が行われた。最高作に与えられるパルムドールは、9・11同時多発テロ以降のアメリカを描いたマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー『華氏911』が受賞した。記録映画がパルムドールに輝いたのは1956年のクストー監督の『沈黙の世界』以来のこと。グランプリは韓国のパク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』、最優秀女優賞は『クリーン』のマギー・チャン、最優秀男優賞は是枝裕和監督の『誰も知らない』に主演した中学3年生の柳楽優弥。今年はフランス勢も例年になくがんばり、監督賞は『Exils』のトニー・ガトリフ、脚本賞は『ルック・アット・ミー』のアニエス・ジャウイとジャン=ピエール・バクリが受賞。
「同性カップルの養子を認めるかどうかとたずねられたら、私は、認めると答える。差別への闘いは最後まで貫かなければならないし、性的な違いは養育能力とは無縁だ」
社会党のドミニック・ストロース=カーン元経済相。リベラシオン紙のインタビュー(5月11日付)に答えて。


「私がカンヌ映画祭のパルムドールを受賞して、ブッシュ大統領がどう思うかだって? 彼はパルムドールがなにかも知らないよ!」
ブッシュ米大統領を批判したドキュメンタリー映画『華氏911』で、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したマイケル・ムーア監督。
今年のパルムドールに政治的な意図はない。
いちばん優れた作品が選ばれただけだ。

5月23日の記者会見で、
審査員長のクエンティン・タランティーノ監督。
●シャルル・ドゴール空港で惨事

 5月23日午前6時57分、パリ郊外シャルル・ドゴール空港第2ターミナルの発着ロビーの一部が、幅20メートル、長さ30メートルにわたって崩れ落ち、死者4人、負傷者3人。早朝で搭乗客が少なかったこと、壁にヒビが入っているという通知を受けた警察官が直ちに80人あまりの搭乗客を避難させたことなどで、被害は最小限にとどまった。事故が起きたホールEは、総工費7億5000万ユーロで突貫工事の末、予定より10日遅れて昨年6月25日にオープンしたばかり。原因は調査中だが、同空港のピエール・グラフ総裁は「構造上の欠陥が明らかになった場合、このターミナルのすべてのホールを取り壊すつもり」と語った。翌24日の午後にもホールEの一部でヒビが発見され、事故処理に当たっていた人たちや空港従業員は一斉に避難。
●モナコ、マルセイユ、決勝で完敗
 サッカー欧州カップの華、チャンピオンリーグで、決勝にまで進出したASモナコは、5月26日、FCポルトと対決。モナコはポルトの固いディフェンスを最後まで突破できず、0-3で完敗。欧州カップのUEFA杯でもオランピック・ド・マルセイユが決勝に残り、5月19日、ヴァレンシアと対戦しているが、やはり0-2で涙をのんでいる。
5731人
昨年交通事故で亡くなった人の総数(交通安全局調べ)。一昨年より20.9%減。負傷者は11万5929人で15.9%減。人口100万人あたり101.3人が死亡していることになり、ドイツの79.9人やオランダの64.3人、英国の60.5人と比べるとまだまだ改善の余地がある。

4835万人
パリ、シャルル・ドゴール空港の三つのターミナルを利用する1年間の旅客数。この空港で働く人は7万5500人。

5億4500万euros
2004年1月から4月までのフランスにおける、インターネットを利用した商取引高。昨年の同時期より61.9%伸びている。

41.72ドル
中東情勢の混乱や中国での需要急伸などで原油の高騰が続いているが、5月24日、NY相場で1バレル41.72ドルに達し、これまでの記録41.85ドルに近づいた。