Le Gros Minet — 肉食人種大集合! 定番ビストロ料理が抜群。

 レアール街で、観光客目当ての店はいやだけどお腹はぺこぺこだし、という極限状態で偶然に見つけたビストロに再来店。先日は品切れでありつけなかった牛肉のポワール(内股肉)、ロックフォールソース添えを食すのが今回の目的だ。
 小さな店なので隣の客と肘があたりそうなくらいの混雑だけれど、天井が高いのでそれほど狭く感じないし、隣が何を食べているのかが覗けられて面白い。
 17.50€のフルコースから、友人がシェーブルのサラダと鴨のコンフィ、私が鶏レバーのサラダに前述のステーキ、ワインは今月のおすすめ、ガイヤックをポpot(50cl瓶入り、10€) で注文。
 レバーのソテーは、風味豊かでドレッシングの加減も素晴らしい。友人のサラダも粗挽きの胡椒がまぶしてあるシェーブルにアクセントがあって食が進む。
 さてさてメインはというと、ステーキはこんもりとボリュームがあって、サラダの時点でパンを食べ過ぎたかな…と後悔。たっぷりと添えられたロックフォールチーズのソース、付け合わせのじゃがいものグラタンもゴキゲンだ。カリっと火を通したコンフィと、形が不揃いなので自家製だと分かるじゃがいものリソレに友人も満足顔。
 デザートには、謎の “ノワゼッティーヌ”(3€追加)を注文。これが大正解! さくさくっとしたプラリネ生地、ホワイトチョコとチョコのムースが3層になっていて今まで味わったことのない食感で感激。
 近くには肉屋の卸問屋もあるし、パンもどうやら近くの有名店のバゲットのよう。さすがにもとは大市場があった土地柄、納得の美味しさなのでした。(里)

*1rue des Prouvaires 1er
01. 4233.0262  土昼・日・月昼休み