シルヴィー・テステュ Sylvie Testud一 フランス映画界の演技派女優として注目されてきた。

 『Vivre me tue』、『Filles uniques』と最近立て続けに主演作品が公開され、その演技が高く評価されている女優がシルヴィー・テステュだ。32歳。
 映画とは無関係の、あまり裕福ではない家庭で、男の子のように育ったテステュだが、「13歳の時、シャルロット・ゲンズブールが演じる厚かましい女の子の中に自分を見つけました。そして、あの女の子は何もないのに、映画の中で存在している、と思ったのです」。格別の容貌に恵まれていなかったこともあり、フランスでの映画デビューは遅れたが、1997年にドイツで最優秀女優賞を受賞する。フランスでも、その役者根性と役柄になりきってしまう演技力が次第に認められ、2001年にはセザール賞の新人女優賞。今春封切られた
『Stupeur et tremblements』では、3カ月にわたる特訓で鍛えられた日本語をみごとにこなしていた。
 「この作品が最後になるのでは、という印象を常に抱いています。監督を失望させたくないのです」(真) 

シナピ監督『Vivre me tue』の1シーン。

“A 13 ans, je me suis reconnue dans l’éffrontée de Charlotte Gainsbourg. Je me suis dit, cette fille existe au cinéma alors qu’elle n’a rien.”