ヤノマミ:森の精。 “Yanomami, l’esprit de la foret” 展

 ヤノマミ(ブラジル・アマゾンに住む少数原住民)は実際、滅亡の危機に瀕している。アマゾンの森の激しい伐採、金採掘者による森の破壊、水銀汚染など。北側による戦争と不公正が世界をおおい尽くすような今日において、滅び行くかも知れないヤノマミの生きざまは、物質生活に溺れそうな私たち北側の現代人に、どのような示唆を与えてくれるのだろうか?
 この問いに答えるかのように、12人のアーティストたちの多くがシャーマンの村ワトリキに出向いて、数カ月を共に過ごし、同じものを食べ、共有体験する中で、シャーマンの儀式やヴィジョンをもとに、ヤノマミへの木霊のように作品を創った。それらがドキュメンタリーとともに、カルチエ財団美術館で展示されている。構成はP・ヴィリリオがキュレーションした〈ce qui arrive〉展に近いが、もう27年もヤノマミ研究をしているフランスの人類学者ブリュース・アルベールが同財団キュレーター、エルヴェ・シャンデスと共同企画したものだ。
 12人のなかには、クラウディア・アンデュハールのように、70年代初頭から一貫してヤノマミを撮り続け、その作業を通じて、ブラジル政府に対してヤノマミへの認識を決定的なものにした写真家や、ロタール・バウムガルテンのように、外界との交渉をいっさい断って、ヤノマミたちと18カ月も共同生活を続け、しかも最初の8カ月は決してカメラを取ろうとしなかった作家もいる。レイモン・ドパルドンは、ワトリキに滞在したシャーマンの所作とその治療を受ける人々を克明に記録した映画を撮った。
 三宅一生デザイン事務所のクリエーターとして服作りをしている滝沢直己は、シャーマン、ダヴィ・コペナワの話とヤノマミが描いたデッサンをもとに、万華鏡のような映像をヴィデオ映像と鏡のインスタレーションによってつくり出した。
 地球上の生物多様性の宝庫である森林の大半を伐採してしまった〈文明人=現代人〉の世界を、危機的な状況と喝破したダヴィの言葉に耳を傾けなければならない時が来ているのかも知れない。(Kolin)


*カルチエ財団美術館 :
261 bd Raspail 14e 10月12日まで。
(12h~20h 月休)

ダ・ヴィンチの素描と手稿。

 ルーヴル美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの素描と手稿の展覧会が催されている。ルーヴル所蔵のコレクションだけでなく20ばかりのヨーロッパの美術学院からも出品されていて、画家がどのように絵の創造に取り組んだか理解できる。
 14歳の彼が、フィレンツェの彫刻家ヴェロッキオの元で修行をした時に描いた衣のひだを見ると、彼がボリュームを出すことに興味を持っていたことが分かる。
展示されている大部分の素描が、どの作品の準備のためだったかが明確に説明されている。素描は、さまざま拘束があった完成画よりも自由で、より多くのことが描かれていて非常に興味深い。また素描が優雅さを感じさせると同時に、力を放っていることにも驚かされる。『聖アンヌと聖母子』の原画を、その下準備となった11枚の念入りな素描と比べることができる。
ダ・ヴィンチの習作は、容貌を細かく再現することを目指して、科学的、精神的な探求を遂げているが、そこには、彼のたゆまぬ好奇心が現れている。
 ダ・ヴィンチの素描のほかに、ボルトロッフィオなど弟子の素描も展示されていて、その中の何枚かには、ダ・ヴィンチが訂正した線がはっきり見える。絵の理論を執筆する計画をしていたダ・ヴィンチの12冊の手稿も展示されていて、よりよく彼の素描を理解できる。(ニコル)

*Musee du Louvre, Halle Napoleon
7月14日まで (火休)


●Enki BILAL(1951-)《32 DECEMBRE》
新刊アルバムの原画32枚。7/26迄
Gelerie Christian Desbois:14 av. de La Bourdonnais 7e

●Antonio Recalcati (1938-)

65年にAillaud、Arroyoとの共作「デュシャンの悲劇的な最期」でスキャンダルを起こす。原色と強烈なタッチで裸婦や事物を対峙させ現実の欺瞞を暴く。7/24迄
Galerie Lavignes-Bastille: 27 rue de Charonne 11e

●《Paris-Harare-Paris/5+5》
ジンバブエに滞在したことのある仏人作家5人と同国の彫刻家5人の合同展。7/31迄
Musee des Arts derniers: 105 rue Mademoiselle 15e (月休)

●《En direct de Dublin》
ダブリンの現代作家6人の作品。8/14迄
アイルランド文化センター: 5 rue des Irlandais 5e (月休)

●《Le Daguerreotype francais》
ダゲール(1787-1851)がニエプスと発明した銀板写真術ダゲレオタイプは、19世紀の風俗をも変革した革命ともいわれる。銀板写真約350点。8/17迄
オルセー美術館(月休)

●Nicolas BRUANT(1951-)
報道写真家ブルアン撮影の、夕闇に沈んでいくパリの神秘を捉えた白黒大型写真(1.2×1.8m)30点。8/24迄
パリ歴史図書館: 22 rue Malher 4e (月休)

●《Les Molas》

モラとは、Kunaと呼ばれるパナマ原住のインディオ女性によるアプリケ手芸品で伝統と創造の結合。7/26迄(13h-20h日月休)
Bibliotheque Forney :1 rue du Figuier 4e

●Pierre SOULAGES(1919-)
黒でしか筆を走らせなかったスーラージュが1957年以降、銅版、石版、シルクスクリーンと手掛け、それぞれの技法がなす偶然性の中に新たな美を見出す。8/31迄 ミッテラン国立図書館(月休)

●江戸時代 (1603 – 1868) 美術展
障壁画や浮世絵、木彫、版画、陶器、織物、漆器類他、ブリュッセル王立美術・歴史美術館所蔵作品から250点。8/31迄
ヴァレンシエンヌ美術館: bd Watteau 59300 Valenciennes (火休)

●Jean-Henri LARTIQUE (1894 -1986)
8歳からカメラを握ったラルティーグ。20年代の有閑階級の日常的話題から80年代まで各時代の空気を伝えながら、ある種のノスタルジーを感じさせる写真の数々。9/22迄 ポンピドゥ・センター(火休)

●LARTIQUE《同時展》
写真家個人所蔵の未公開写真。7/11迄
Belloer art moderne: 20 rue de l’Elysees 8e

●Bernard FRIZE(1954-)
仏ポストモダニズム抽象作家の過去10年のアクリル作品。9/28迄
パリ市立近代美術館:11 av.du President Wilson 16e (月休)