Le Troquet –隠れ家的な本格的フレンチ。

 パリに住む学生さんならば、滞在許可証申請のため下車する人も多いだろうパストゥール駅界隈。駅から徒歩5分のところに、本格的なフランス料理を妥当な価格で食べさせてくれる隠れ家的な店を発見した。
 この店は基本的にコースでオーダーする仕組みになっており、ランチは22と24ユーロ、ディナーは28と30ユーロとなっている。まず前菜は寒い冬にお腹の底から温まるポタージュから。栗とアーモンドの歯ごたえがコリコリと口に広がった。お次は家禽のテリーヌ、アンディーブとカリカリベーコンのサラダ。食欲も全開になってきたところでベアルヌ地方のきりりと冷えたドメーヌ・ギョマの白ワインをセレクト。そろそろメインに突入だ。本日はオリーブと葱がクリームに溶け込むタラのソテー。クリームの甘味が、塩・コショウの効いた白魚の辛めの味付けと相性良く溶け合う。最後はリンゴと梨の風味が香り高いマカロンで締めくくる。
 どの料理も丁寧な味わいだから、平日まで予約で埋まっているのに納得してしまう。顧客にはJ=P・ベルモンドやV・ルドワイヤンなど映画スターの名もちらほら。 欲をいえば、夜は必ずテーブルを2回転させるので後の予約客のためにオーダーを聞きにくるタイミングが早かったりと、焦って食事をしなければいけないような気分になるのが残念。ここはフランス、やはり食事は時計を気にせずゆったりと食べたいものだ。
 ちなみにシラク大統領御用達という特注の羊のチーズも入荷しているというので、興味のある方は是非お試しあれ。(瑞)

*21 rue François Bonvin 15e
01.4566.8900 日月休 12h-14h/19h30~