OVNI 515 : 2003/2/1


■PTTのカレンダーで大助かり
 暮れに郵便配達員が一戸一戸回って売り歩くカレンダー、2003年はどんな図柄のを選びました ? イヌ? ネコ ? 牧草風景 ? カルチエ・ブレッソンの俳優シリーズ? またはドアノーの写真 ? 
 郵便配達員のカレンダー売りは1772年から続いており、代金は祝儀と思って個人なら2~5eurosが相場。収益約3600万eurosは郵便配達員同士で分配し合い、彼らのお年玉になるそうです。よって勤務時間外の夜間に一生懸命売り歩いていたわけ。

 一方、消防団員(パリ7千人、地方はボランティア19万人、公務員3万人)が売って歩くカレンダーの収益はコロニードバカンスなど社会事業費に当てられるそう。
 もう一つ、カレンダー売りに道路清掃人の戸別訪問がある。カード式の暦を配り祝儀(etrenne)をもらって歩く。最近は入口のコード化が広まり厳しかったようです。

■バレンタイン記念切手

今年はデザイナー、トレントのデザインで0.46eurosと0.69eurosの切手を販売中。