Le Potager du Marais — 体が喜ぶ自然食レストラン。

 パリで、おいしい料理をおなかいっぱいヘルシーに食べることは無理、とあきらめかけていた日本の女の子たちのために、とっておきのレストランを見つけた。ポンピドゥーセンターのすぐ裏手にひっそりと店をかまえるLe potager du maraisは、無農薬の農産物や加工品、魚類だけを使った料理を、手頃な価格で提供してくれるレストラン。ここでは、動物性タンパク質や遺伝子コントロールされた食材などは一切使っていない。早速、けなげにダイエットを敢行中の彼女と、ディナーに訪れた。
 20席ほどの店内は、肉料理中心のフレンチに反旗を翻したベジタリアンたちであふれていた。彼女はオード地方の赤のグラスワイン(4
)、僕はさわやかな後味の無農薬ビールを飲みながらメニューを検討。この日の魚料理から彼女が選んだのは、野生サーモンのグリル・海藻ソース(12)。さっと焼いたサーモンは、シンプルで滋味あふれる味わい。僕の選んだクルスティヤード(10)は、いってみれば大豆のハンバーグで、日本人好みの一品。これらメインには、ラタトゥイユやブレなど、趣向を凝らしたつけ合わせが3、4品ついていてボリュームも十分。サービスの無農薬小麦粉を使ったパンも絶品で、ついおかわりを頼んでしまった。
 この他に、ハーブ入り豆腐のポワレ(8.5
)やエイの海藻タルタルソース煮(12)、パスタ好きには海藻のラビオリファルシ(10)などもおすすめ。
 平日のランチはメインに、アントレまたはデザートがつき、10
から。おいしい自然食料理で体を喜ばそう!(ゆ)

* 22 rue Rambuteau 3e 01.44.54.00.31
12h-15h/19h-23h(23h30週末)無休