パリ郊外の広々スペース! RER A線Marne-la-vallee駅 。105m2。家賃960EUR。

 パリからRERに40分乗り、それから今度は車で走ること10分。セーヌ・エ・マルヌ県のカンシーボワザン市に住むサンドリーヌさん一家を訪れた。パリから1時間離れただけで、ゴッホが描いた「収穫」のような光景が、あたり一面にみられる。
 サンドリーヌさんは高校生の時から両親とパリ暮らし。結婚してからも、メトロまで1分、近くには商店が立ち並ぶ、とても便利なアパルトマンに暮らしていた。長男のジェレミ君が生まれてから、今まで以上にパリの大気汚染が気になってしまったこと、手狭になったこと、何よりもストレス一杯のパリの生活にピリオドを打ちたいと、パリ脱出を決意。インターネットで不動産情報を検索し、今の家を見つけた。
 彼らが物件を訪問した日、教えてもらった道順通りに進んだが、なかなか目的地にたどりつかない。「こんなに遠いの?」と、夫のフィリップさんと少々呆れ気味だったとか。しかし、建てられたばかりの真新しい家、それに何よりも250m2もある庭の先には隣家もなく、どこまでも広がる畑が見えるだけ。パリのアパルトマン暮らしでは、絶対味わえないこの光景をみた時に、この物件に決めたそうだ。
 家に入ると、高い天井の明るく、広いサロンに通された。サンドリーヌさんへのプレゼントの着物が、白い壁にはえて、大きなアクセントとなっている。パリのアパルトマンでは、隣人に気を使い、なかなか出番のなかったフィリップさんのピアノも、ここでは心配ない。サロンは、家族が集うお気に入りの空間だ。
 この家で唯一気に入らない点は、戸棚・押入れが少ないことだそうだ。がしかし、2階の踊り場で上に続く階段を発見! 総面積にカウントされない屋根裏部屋約50m2が、物置として使われていた。なんとも、羨ましいかぎりである。子供部屋では、もうすぐできる妹のために、ジェレミ君が、嬉しそうに模様替えのお手伝いをしていた。
 「この家に住んだ後では、パリのアパルトマン暮らしは、考えられないわ」というサンドリーヌさんの言葉にうなずきながら、うさぎ小屋のわが家へと帰ったのだった。(下)

Val d’Europe

「サンドリーヌさん一家は、一体どこで買い物するのだろう?」と心配になるほど、まわりには何もなかった。「心配しないで」と、連れて行ってくれたのは、RER A線の駅に隣接する巨大なショッピングセンター〈Val d’Europe〉。
 ハイパーのオーシャンなど150店舗があり、生活必需品は、すべてここで手に入るらしい。おまけに子供の遊び場も設置されているし、荷物が多くて持てない場合は、スチュワートサービスも利用できる。お母さんたちも、安心して買い物できるというわけだ。
 ショッピングセンターの地下には、水族館〈Sea Life〉もある。海にすむ大小さまざまな動物の生活や、今後の海のあり方などをテーマに、わかりやすく構成されている。ちょっとディズニーを思わせるような内装も人気のようだ。
 また、併設するアウトレットヴィレッジの〈La Vallee〉には、サン・トノレ通りに並ぶ有名ブランドのアウトレットショップが軒を並べている。
 周辺は、ホテルやビルが続々と建設中だった。税金が安いために、パリから引っ越してくるオフィスも多いとか。これからも変貌する〈Val d’Europe〉に注目しよう。 (下)
*Sea Life:01.6042.3366
www.sealife.fr


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る