映画祭:ヴェールを脱いだソビエト映画傑作群。BACK IN THE URSS


コンチャロフスキー”Le premier maitre”
ヴェールに包まれた旧ソ連時代の壮大な映画史を、120本の傑作群で振り返る特集 “BACK IN THE URSS”。豪華なフルコースディナーを前に「一体どこから手をつければ…」と悩んでしまう方のために、作品選定の中心的人物ローラン・エベール氏からアドバイスを頂いた。
「シャフナザーロフのコメディ・ミュージカル『Nous sommes du jazz』や、クリモフの心理コメディ『Les aventures
d’un dentiste』などは、どなたでも楽しめる作品です。ソビエト映画が、想像以上に多様なスタイルを持っていたことに気がつくでしょう」
ソ連崩壊以前は、国内で上映される映画の実に90%が自国産。そのため外国映画に頼らず、コメディからウエスタン風作品まで、多ジャンルにわたる作品を製作する必要があったのだ。今回はその中から、コンチャロフスキー作品のように、”大衆映画” でありながら “作家映画” でもある作品が、数多く選ばれている。 「よりオリジナルな映画体験を求める方には、無声映画であるマヤコフスキーの『La demoiselle et le voyou』やプロタザノフの『La dame de Pique』、またロシア初のヌーヴェル・ヴァーグと称される女性監督モラトヴァの『Longs adieux』がお勧め。その斬新さに驚かれるのでは?」
もちろん世界的巨匠であるエイゼンシュテインやタルコフスキー、日本でもカルトファンを持つパラジャーノフ、バルネット、ヴェルトフ (←必見) 作品も登場。中にはドブジェンコの『大地』のように、映画史的に重要であってもスクリーンで観ることが極めて難しい作品も多く、この機会を逃さず観ておきたい。
エベール氏の言葉を借りれば、まさに目がくらむ “bijou (宝石)” の数々。ソ連崩壊から10年…、今だからこそ初めて可能になった映画の祭典なのだ。(瑞)
*Cinema des Cineastes : 7 av.de Clichy

17e 01.5342.4020/Studio des Ursulines :

10 rue des Ursulines 5e 01.4326. 9708

(上記の2館で9月5日まで開催)

Geode
●ジェオード—迫力の映画体験
太陽の光を受け、都市型公園ラ・ヴィレットに燦々と輝くLa Geodeは、巨大な1000m2の半円球型スクリーンを持つスペクタクル映画館。3D映画をはじめ、臨場感溢れるイメージとサウンドによる異次体験が楽しめる。お隣のLa Cite des Sciences et de l’Industrie (科学・産業シティ館) と併せて出かけたい。8月末までは『Rencontre dans la 3e Dimension (3次元空間の出会い)』、『L’eau et les hommes (水と人間)』、『Les Loups (オオカミ)』 の3本が公開中。

*26 av. Corentin-Cariou 19e

問い合わせ : 01.4005.7999

予約 : 01.4005.1212  入場料 : 57F/44F
http://www.cite-sciences.fr

●Les heros
嫌な顔だな、と思う時がある。私の場合、例えば鬼才トーマス・ヴィンターベア監督『セレブレーション』で、晩餐に集う家族や兄弟たちの顔だ。特に悪役顔とか醜いというのではなく、いわゆる普通の人の顔に刻まれた卑屈さ、嫌らしさが、ここにはあったのだ。
『Les h屍os』(’96) は、同監督による長編第一作。ここにもすでに “トーマス組”俳優トーマス・ボー・ラーセンとウルリク・トムセンの顔があった。
義父から逃れたい12歳の少女と、警察から逃れたい2人のダメ男。行き当たりばったりの絶望とおかしみに彩られた旅。トーマス&ウルリクの (私的に) 嫌な顔コンビは、h屍os になりきれないh屍osとしての説得力を持って、次第に輝き出す。「無関心より憎悪の方が愛に近い」じゃないけれど、終いには彼らの顔がとても好きになってしまった。(瑞)
●Shanghai kid
『プロジェクトA』も『WHO AM I!?』も観ていない私は、彼の映画を語る資格はない、と思う。でも書いちゃおう。ジャッキー・チェンの新作『Shangha kid』、これは傑作だった。
誘拐された中国のペイペイ姫を救うため立ち上がったチョン・ウォン (ジャッキー)。その冒険の過程で、カウボーイ、インディアン、チャイニーズらが入り乱れ戦うという無茶なシチュエーションが展開するのだが、台詞の良さで質の高い爽快な娯楽作に仕上がっている。
特に、口が達者でカウボーイのくせに拳銃使いが苦手な若き美青年ロイ・オバノンヌがいい。英雄でも悪役でもないボーダレスな存在として、従来のウエスタン映画の範ちゅうを越えている。もちろんジャッキー様のしなやかなアクションも健在で、お腹一杯、御馳走さま! の贅沢な1時間55分。8月9日公開。(瑞)
特集いろいろ
夏だって映画館は特集上映で百花繚乱。ヴァカンス族が去ったパリで、ゆったりと映画に浸ってしまおう。

●DU PEPLUM A LA SUPERPRODUCTION
『ベン・ハー』、『スパルタカス』、『ローマ帝国の滅亡』など、古代ギリシャ・ローマ時代を舞台にした超大作に出会える映画祭。8/15日迄
*5 Caumartin : 101 rue Saint-Lazare 9e
01.5332.8520
●L’ETRANGE FESTIVAL
奇妙な作品ばかりを集めた恒例の映画祭。今年は日本勢から三池崇史の5作品、増村保造の10作品が登場する。
8/23日~9/5日迄
*Forum des images : Pte St-Eustache,
2 Grande-Galerie (Forum des Halles)
1er 01.4476.6200
●TRESORS D’ETE AU MAX LINDER
シネマテーク・フランセーズにより修復された20世紀初頭の貴重な作品が揃う。パヴスト、シュトロハイムやマレによる実験映画など。毎火曜20h30から上映。8/29日迄
*Cinema Max Linder :
24 bd Poissonniere 9e 08.3668.5052
●ラ・ヴィレット野外映画祭
8/1 : マッド ・マックス2 (Mad Max 2)
8/5 : ストレート・ストーリー
(Une histoire vraie)
8/9 : アラビアのロレンス
(Lawrence d’Arabie)
8/11 : 隠し砦の三悪人
(La forteresse cachee)
8/15 : 西部の人
(L’homme de l’Ouest)
8/16 : トータル・リコール
(Total Recall)
8/18 : 空山靈雨
(Raining in the mountain)
8/29 : ホワイトハンター ブラックハート
(Chasseur blanc, coeur noir)
メル・ギブソンが冴えわたるSFバイオレンス『マッド・マックス2』、黒澤初のシネスコ作品『隠し砦の三悪人』、活劇の本当の輝きを知ていた、今は亡き胡金銓 (キン・フー) の『空山靈雨』など、野外の巨大スクリーンでこそ是非観たい、迫力みなぎる作品が勢揃い。8/30日の『プロフェッショナル Les Professionnels』以外はすべてオリジナル・ヴァージョンでフランス語の字幕つき。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る