テレビに本格的なインターネット番組がない。


 フランスの新聞は、どれもマルチメディアのページやコラムを持っていますが、最近までテレビにはデジタル革命を扱った番組があまりありませんでした。ところが、1999年以来事情が進展し、民放のTF1や国営のFRANCE2は野心的なホームページをオープンしました。各テレビ局がインターネットに関する戦略を持つようになりました。TF1はフランスのインターネットリーダーを目指して数百万フランを投資しました。TF1のTF1.frというWebサイトを国内のモデルサイトにしたいと思っているe-TF1社長は野心満々、コミュニティサービスやサイト内のコンテンツを拡充したいと考えています。
 ところが、なぜかインターネットを紹介する本格的な番組がありません。テレビのニュースでも、ペドフィリアのネットワークとか医薬の密売とかインターネットの悪い面についてのルポが多いのです。民放TF1は、毎晩5分間、インターネットの解説とサイトの紹介をしています。国営FRANCE3も、毎週10分間同じような番組を放映していますが、インターネットを社会的な現象として分析する番組はありません。テレビ局にとってインターネットは、まだまだ利潤を上げるための手段でしかないのです。残念ですね。(クロード)
TF1:HyperNet (月~金/19h55)
FRANCE3 : 3x + Net (日曜/10h20)