罵倒も快感に。 LES QUATRE JUMELLES

 アラスカで裕福な暮らしを送る双子の姉妹のマリアとレイラの家に、やはり双子の姉妹ジョゼフィーヌとフージェールが盗みに入る。マリアとレイラが苦労して盗んだ宝石、金塊や麻薬をめぐって、二組の双子の血で血を洗う闘いが始まる
 『4人の双子』と名づけられたこの芝居は、アルゼンチン生まれのコピが1973年に書いた戯曲で、同年にジョルジュ・ラヴェリの演出で初演された。その時舞台を踏んだ4人の双子のひとり、デイジー・アミアスが今回は演出する側にまわっている。いかにもラテンアメリカ的でどろどろとした要素 (麻薬、同性愛、近親相姦、犯罪など) をブラックユーモアでくるんでしまうコビの独特なエスプリを忠実に尊重するアミアスは、大胆にも4人の双子を全部女装した男優によって演じさせた。双子ははたして男なのか女なのか? 性別不明、血縁関係の有無すらあやしい4人の肉体が地面の上をのたうちまわり、「売女!」「ゲス野郎!」「ばか女!」と叫びながら暗闇の中でからみあう死闘のシーンは、そのあまりの不条理さに涙が出るほど笑い転げてしまう。これがコピの芝居の醍醐味。興奮の中、50分が過ぎていく。(海)
*Cartoucherie Theatre de la Tempete:
route du Champ de manoeuvre 12e
01.4328.3636
9日まで (火−土20h/日16h30)
80F/110F(毎週水曜は均一50F)


● 独り芝居をはしごしてみては?
 1970年代のモンパルナスからサンジェルマン・デ・プレ界隈で、本業だった画家としてではなく有名人にたかる名人として知られたアメリカ人女性シャーリーが、カフェのテラスで書き残した覚え書きノートが “Sharly”(1)という舞台劇に書き直された。カフェの椅子に腰をかけ、周囲を見回しながらノートをつけるシャーリーを演じるジュディット・マーグルのとめどないおしゃべりが、70年代の自由で気楽だった雰囲気を伝えてくれる。
 パリで教師を務めていた作家マルセル・ジュアンドー(1889-1979)宛に、死の直前まで毎日8年間母親が書き送った手紙が、マルセル・マレシャルと、今は亡きマドレーヌ・ルノーの声によって朗読される舞台が “Lettres d’une mere a son fils”(2)。飾り気のない文章が美しく感じられるのは、息子を自分の分身として、また時には一人の異性として思いやる母であり女である書き手の心が伝わってくるからだろう。
*Theatre du Rond-Point Champs Elysees : 2bis av.Franklin Roosevelt 8e
01.4495.9810.
(1)は23日まで。18日~23日の間は追加公演中の(2)のすぐ前に上演されるが、入れ替え制で料金は別々。


●Honved Ensemble
 ハンガリーの民族舞踊と音楽を伝える。ホンヴェッド・アンサンブルはフェレンツ・ノヴァックによって1949年に創設された。バルトークなど、同国の音楽家たちがかつてしたように、ノヴァックもカルパティア山脈、ドナウ平原を自分の足で歩き、各地の舞踊・音楽を根気よく集めて回った。時には伸びやかに、時には物悲しく、輪舞、棒を使った踊り、ソロやペアのダンス、合唱、フルートが奏でる哀歌など、彼らの歌や踊りは、創立以来長年にわたって人々の心に強烈な印象を残している。昨年はピナ・バウシュが、彼女のカンパニーの本拠地ヴッパタールで彼らの招待公演を行ったという。40人のダンサーと5人のミュージシャンたちが発散する生命力、躍動感、世代から世代へと引き継がれる弾けるようなリズムにぜひ触れてみたい。4日~8日。(仙)
*Theatre de la Ville :
2 place du Chatelet 4e 01.4274.2277


●Mizutani-Mizoguchi /
Du decor a la mise en scene
 溝口組の常連として、カメラの宮川一夫、脚本の依田義賢などと共に溝口映画を支えた映画美術家、水谷浩が遺した仕事を展示する小さなコーナーが、11区にある映画図書館Bifiに設けられている。今回展示されているのは、1961年のカンヌ映画祭後に水谷浩本人からシネマテークへ寄贈された『新・平家物語』『楊貴妃』『近松物語』『赤線地帯』など4作品の衣装&美術のデッサン画で、わがままで気まぐれな溝口でさえ一目おいた、という水谷の精緻でリアルな筆使いに触れるいい機会。6/16日まで。
*100 rue du Fg St-Antoine 11e