レトロな雰囲気のディスコテック。 Balajo

 


 バスティーユ界隈のラップ通りにある”Balajo バラジョー” は、ディスコとして知られているが、1936年のオープン時はオーベルニュ地方の出身者で賑わうダンスホールだった。炭運びなどの重労働に明け暮れる人々の楽しみは、週末にアコーデオンやミュゼットなどの演奏に合わせて陽気に踊りまくること。ラップ通り全体が人々で溢れていた。そこに目をつけた商人がダンスホールを開店させ、一時期は、20軒近いダンスホールが並んでいた。
 今でも続いているのは “Balajo” 1軒のみ。Joという名の2人が始めたので、ジョーのホール (Bal a Jo) と名付けられた。 ある調査によると、フランス人の40%が行ったことがあるか、そうでなくてもその名前を知っているという。
 現在はディスコとなり、かつてのような生演奏はないが、店の内装はそのまま変わっていない。5メートルはある高い天井、ミラーボール、古いパリの町並みが描かれた壁、レトロな家具など、薄暗い店内からは懐かしい雰囲気が漂う。
 1974年から経営に加わったジャック・ラジェ氏は、元プロレスラー。父親の跡を継いで続けてきたが、これからは息子や孫に任せて自分は引退し、悠々自適の日々を過ごすことになるそうだ。(尚)

*曜日別のプログラム :
ロックンロール (水)、サルサ (木)、ディスコ (金/土)、アルゼンチン・タンゴ (日、ただし8月は休み)。木と日の14h30からは、ワルツやジャヴァなどのバル・ミュゼット。入場料は100F/午後は50F (ドリンクつき)
*9 rue de Lappe 11e 01.4700.0787


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る