20件の強姦、容疑者逮捕


2/26
リール警察が22年前から捜査していた連続強姦・性的暴行の容疑者が逮捕された。逮捕のきっかけは、5日にノール県の北のベルギーの町で少女が性的暴行を受けたこと。防犯カメラから車の持ち主が判明しディノ・スカラ容疑者(56)が逮捕され、DNA鑑定で一挙に仏側で19件(1996~2012年)、ベルギー側で7件(04~08年)の強姦・性的暴行事件が解決した。同容疑者はそれらの容疑を含む計40件の犯行を自供。容疑者は同県ポン・シュル・サンブルに住む妻子ある男で、町のサッカークラブの監督を務め評判がよかった。