鶏肉ドゥ社、清算に

4/4

レンヌ商事裁判所は家禽肉加工ドゥ社の清算を認めた。大株主の協同組合テレナが前日に同社の清算を申請していた。ドゥ社は2012年の司法再建以来、何度か外資を入れて再建を図ったが、業績が再び悪化していた。清算後に同社の事業を引き継ぐ企業としては、サウジアラビア系企業(すでにドゥ社の株主)と鶏肉ルエなどの商標で知られる仏LDCの企業連合と、ウクライナの小麦製品MHPが名乗りを挙げている。LDC社は従業員1187人のうち920人を引き受ける提案をしており有利とされる。