SNCF改革案に反対

94.97%

 SNCF(フランス国鉄)のストが続くなか、組合が行っていた職員投票の結果が5月23日に発表された。幹部も含め職員61.15%が参加し、94.97%が政府の改革案に反対。法的な力はないものの、マクロン政権がどう応えるかが注目される。