国際反ホモフォビアの日 ムニール・マジュビ・デジタル担当相

「ホモフォビアは社会をむしばむ悪であり、中学校や高校にまで浸透し、家族や友人にまで伝染する。(…)私たちは、憎悪を避け、生きていくために、しばしば、うまく振舞ったり、嘘をついたりしなければならない」

 5月17日は国際反ホモフォビアの日だったが、ツイッター上でのムニール・マジュビ・デジタル担当相のメッセージ。「私たち」と言うことによって同時にカミングアウト。