内閣改造、新顔10人

6/21
フィリップ第2次内閣が発表された。10人の新顔を迎えて大臣20人(首相含む)、閣外相10人で男女同数。新顔は、憲法評議会メンバーのニコル・ベルベ法相、ジョスパン政権で閣僚経験のある仏国鉄幹部フロランス・パルリ軍事相、元社会党議員のステファンヌ・トラヴェール農業相、元外務省高官で国立行政学院学長ナタリー・ロワゾー欧州担当相、上院副議長ジャクリーヌ・グロー内相付大臣ほか5人の閣外相で、メザール農相は国土連帯相に就任。Modemから2人、左右両派と大統領側近も加えてバランスが取られた。