仏伊TGV建設に不協和音

francetvinfo.frのスクリーンショット。

3/7
 コンテ伊首相は、建設中のリヨン=トリノ間の超高速鉄道(TGV)の計画は見直すべきで、建設費のフランスとイタリアの負担が公平でないので両国間の協議が必要と発言した。

ボルヌ仏運輸相は協議には応じるが、TGV計画は有益と反論。このTGV建設には伊連立与党の五つ星運動が公金無駄遣いと反対、「同盟」は賛成と意見が対立。首相は仏側の譲歩を引き出したい考えだ。同計画は長距離トラック輸送削減を目的にリヨンとトリノを2時間で結ぶ。トンネルの建設費は86億€。4割をEUが負担する。工事の次段階の入札が延期され先行きが不透明に。