メディアパルトに検察介入

検察の介入の試みを受け同日に会見をおこなったメディアパルトのメンバー、弁護士、「国境なき記者団」団長ら。

2/4
  ネット新聞メディアパルトが、1月31日、ベナラ、及びクラーズ両被疑者の7月26日の会話録音を公開したことを受け、パリ検察庁属の検事2名と捜査官3名は「プライバシー侵害」「違法盗聴」容疑の予備捜査と称してメディアパルト社を訪れ、ベナラ、クラーズ両氏の録音を押収しようとした。

しかし同社は「報道情報源の保護法」に基づき押収を拒否、押収要求は報道に対する露骨な権力の介入(パリ検察長官は大統領の意向で任命)であると強く抗議した。翌5日に同社は、両被疑者が証拠隠滅計画を話し合う新録音を公表するとともに全6本の録音を一連のベナラ事件を捜査中の予審判事に提出した。  

ベナラ事件、会話録音公開


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る