マヨットの抗議運動続行

アニック・ジラルダン海外県・海外領土大臣

 3/13

 治安悪化に対する抗議運動が2月20日から続いている仏海外県マヨットで、ジラルダン海外領土相と抗議運動指導者の一部が運動の終結で合意した。しかし、労組連合はこれを却下。マヨット島は仏海外領土でも最貧地域の一つで失業率は26%に上る。コモロからの不法移民流入が絶えず、治安悪化に抗議して港・道路封鎖などの抗議運動が起きた。海外領土相は不法移民防止の監視船を置くなどの措置を提案したが、労組連合は経済・福祉面改善の措置を求めてストを続行(26日時点)。