マクロン大統領「新年の辞」

「 (2018年に)、私生活で疑問を抱くときや災難に遭うときがあるでしょうが、私たちはフランス国家であるということを忘れてはいけません」


マクロン大統領のテレビでの「新年の辞」から。これに対し、ツイッター上で「恋人に捨てられても、税金が払えなくても、私たちはフランス国家なんだから、万事うまくいくんですね」などというからかいメッセージが花咲いた。