ブザンソン:美術館を訪ねる旅。

城塞の一部。

Citadelle / Musée de la Résistance et de la Déportation

ブザンソンの歴史を刻んだ城塞内のミュージアム。

17世紀に造られたシタデル(城塞)には常時兵士が駐在し、一つの町に近かった。その建物を利用して、強制収容所連行・レジスタンス博物館が1971年に実現した。ナチスのユダヤ人強制収容所から生還した地元の女性、ドニーズ・ロラッシュの提案が実現されたものだ。フランシュ=コンテ地方では第二次大戦中、対独レジスタンスが激しく、城塞は、100人のレジスタンが銃殺され、大戦後は独軍兵士が捕虜として収容された記憶が残る場所だ。地元のレジスタンスの人々が使った道具、当時のフランスの様子、ナチスの台頭、ユダヤ人の強制収容所連行、家族への手紙、収容所で人々が作ったオブジェなどが展示されている。繰り返してはいけない歴史として見ておくべき重要な博物館だ。城塞内には、コンテ民俗博物館、動物園なども設けられている。

レジスタンスの人々が使った通信機器。

 

1 2 3 4 5 6 7

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る