コロナ:第3波でフランス全国の外出規制強化。学校は来週から3週間閉校に。

コロナ感染の深刻な感染拡大を受け規制強化を発表するマクロン大統領。

 マクロン大統領はエリゼ宮からのテレビ演説を行い、パリを含む19県で現在とられている外出規制(毎日19h-06hの外出禁止、自宅から10km以上の移動は証明書が必要など)を、この土曜の晩(4月3日)から全国に広げ、5月2日まで続けると発表した。ほかにも、以下のような措置が明らかにされた。
この規制で、営業できる商店・できない商店リスト(仏語)

学校
託児所、幼稚園、学校など、来週から3週間閉校(在宅授業)。
4月5日〜10日:小・中・高、在宅で授業
4月12日〜25日:フランス全国一律、復活祭バカンス
4月26日:幼稚園、小学校は学校再開。中・高は在宅で授業
5月3日:生徒数調整しつつ、中・高も学校(対面)再開
大学生は、1週間に1日、通学可能
→学校が閉まり、子どもが家にいるのに、家で仕事ができない人には、chômage partiel 一時失業措置がとられる。

テレワーク
テレワークができる職場では毎日行うよう呼びかけ。

● 企業、会社員、フリーランスほかへの支援措置は継続

移動
地方への移動は、この復活祭の週末なら特別に可能とする
外国にいるフランス人で帰国を望んでいる人は、いつでも可能。
越境労働者の国境での手続きなどを簡素化するよう努力
(10km以内の移動には証明書は不要だが、住所を証明する書類などが必要)

飲食店、文化施設などの再開
5月中旬に、テラスを条件付きで再開、その後、夏のはじめにかけて、文化施設、スポーツ、レジャー、イベント、カフェ、レストランなどを段階的に再開する日程を明らかにする。

ワクチン接種日程
夏終わりまでに、18歳以上の接種希望者には接種を完了することを想定
3月31日から70歳以上に接種開始
4月16日から60歳以上に接種開始
5月15日から50歳以上に接種開始
6月中旬には18歳以上の人に接種開始

▶︎外出特例証明書がダウンロードできるページはこちらから。
▶︎内務省のページ。



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る