パリ1~4区合併法案成立

2/16
パリ市の地位を変更し、7つのメトロポール(大都市圏)を新設する法案が国民議会で可決され、最終成立した。同法案によりパリ市の1~4区が合併され、市と同時に県でもあったパリ市は今後、県ではなくなり特別市となるとともに、市長の権限が拡大される。また、全国に現行15あるメトロポールに、トゥーロン、ディジョンなど7つが新たに加わった。メトロポールは、人口40万人以上の都市あるいは人口65万人以上の都市圏で、2014年地方行政法によって規定されたもの。22のメトロポールのうち、パリ、エックス=マルセイユとリヨンは特例的な地位を持つ。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る