パリでガス爆発、4人死亡

1/12
 パリ9区の建物がガス爆発を起こして1階のパン屋を中心に一部崩れ、4人の死者と約50人の負傷者(うち9人重傷)を出す惨事となった。朝8時半頃に住民がガスの強い臭いに気づき、消防署に通報。駆け付けた消防隊員のうち2人がガス栓を止める作業中に爆発が起き、その隊員2人と観光客、2階の住人の計4人が死亡した。爆発の衝撃で隣接する建物も揺れ、駐車中の車が吹き飛ばされ、計24の建物に避難命令が出された。うち9つの建物は安全措置がとられるまで立入禁止に。現場立ち入りが危険であるため、事故原因は不明。