シチリアからの風が吹く。極上オリーブオイル。

もう何年もリピートしているものがある。セドリック・カサノヴァが2008年に開いたLa tête dans les olives のオリーブオイルだ。素材にこだわるレストランやビストロなどで、黒いガラス瓶に入った彼のオリーブオイルを見たことがある人もいるだろう。10区のSainte Marthe通りの1号店に続き、2店目が左岸にオープンした。ガラス張りの店構えは明るく開放的で、全て買い込みたくなるような魅力的なシチリア食材を陽光が輝かしく照らしている。

オリーブオイルは品種ごとに分けられ、さらに生産者の名前が付いている。説明を受けながら、好きなオイルが見つかるまでスプーンで試食ができる。フローラルなBiancolilla種(14€/kg)、辛味の強いCerasuola種(17€/kg)、ブーケのように華やかで力強いPiricuddara種(32€/kg)など10種類以上揃っている。ボトルを持参すれば量り売りが可能で、ボトル売りを購入の場合は、500ml相当価格+瓶代5€の計算となる。

もう1つ、ずっと常備しているのが、ここのドライオレガノ(10€/束)。これを嗅いだ時、オレガノへの概念が覆された。やさしさと爽やかさと華やかさが混じり合った強く広がる花の香り。枝売りなので、葉をむしって保存容器に入れる作業を自宅でする時の幸福感。それ以来、プレゼントやレストランで他のオレガノを口にしたことはあるけれど、これを超えたものはない。

店内奥は、もうじきレストランになる予定。これらの食材を使ってどんな料理が出されるのか、楽しみだ。(み) 


La tête dans les olives

Adresse : 54 rue du Couëdic, 75014 Paris
TEL : 09.7093.6658
アクセス : M° Mouton Duvernet
火~金 14h-19h /土 10h-13h/14h-19h 日月休