ワイン・お酒

パリのど真ん中に ワイン醸造所作りました!

マチュー・ボッセさんの、Les Vignerons Parisiens。 パリ3区、アール・ゼ・メチエ界隈を散歩中、”Les Vignerons Parisiens ”の看板を見かけました。聞けば、ワインの醸造所。 ミク […]

再会の友とのアペロに。絶品チーズとワイン!(2/2)

 Cave Augéは、一歩足を踏み入れると歴史ある図書館のように、数えきれないほどのワインが奥深く、天井高く積み重ねられていて、その美しさは圧巻の一言に尽きる。格式高い印象とは裏腹に、店員は飾らず的確な対応をしてくれる […]

スコットランドは ウイスキー天国!

 グラスゴー住まいのイギリス人の友人エレナさんが、グラスゴーはずれ、パルティックという下町にあるパブ、「The Lismore」に連れていってくれた。庶民的なにぎわいの店で、長いカウンターの後ろの棚に、シングルモルトのボ […]

自ら醸造にも携わる店主のいるビール専門店。

 ビールとロックをこよなく愛するニコさんの店。店内には他ではほとんど見かけたことがない、小規模生産の選りすぐりのビールが陳列されている。フランスで醸造されているものが主だが、英国やカナダ、ベルギーやアメリカのものもある。 […]

Beaujolais nouveau

 11月19日はボージョレ・ヌーヴォー解禁の日だったが、ここ数年、パリではボージョレ・ヌーヴォー離れが著しい。あの変にフルーティーっぽく過ぎて、酸味の強いワインに嫌気がさしたのだろう。でも秋の風物詩だからと一本買ってきた […]

今月のワイン:7月1日号

今回の料理にはムスカデかな、とバスチーユ脇の気になるワイン屋に出かけた。ご主人は、それならと、ナントの南部で作られている、ブルーノという、この店で一番のムスカデ・セーヴル・エ・メーヌをすすめてくれた。「それほど辛口ではな […]

今月のワイン:6月1日号

  「ヒラメとスモークサーモンのカルパッチョにはサンセールの白?」と尋ねたら「サンセールでもいいけれど、サーモンが入るのならちょっと辛口すぎる。モンタニーはどうでしょう。最初の口あたりがまろやかで香り豊かだし、 […]

今月のワイン:5月1日号

東駅脇の老舗のワイン店に出かけた。お店の人は「ウサギのクリック煮はスパイシーそうだから、コット・デュ・ローヌかな。そうそうシラー種のブドウ95%で作られているのがあるよ」。まだまだ新酒だからこそ、きちんとデカントしてしば […]

今月のワイン:4月15日

今回のレシピ、サルティンボッカに合うワインは何にしよう。子牛肉には、シャルドネー種から作られるあまり辛口でない白も合うという人が多い。でも最終的に選んだのは、サンセールの、名高い白ではなく、ピノ・ノワール種のブドウだけで […]

ナチュラルワイン試飲会  2014

 「ナチュラルワインはどんなものですか?」とたずねられることが多いが、一番簡単なのは試飲することだ。アンジェとナントの間、ロワール川に沿った丘にあるDomaine La Paonnerieは、有機栽培で育てたブ […]

ブルゴーニュのワインとフロマージュを存分に。

 ブルゴーニュ地方の入り口、白ワインの銘品「シャブリ」で有名なヨンヌ県。その中心都市がオセール(オクセールとも言う)。歴史ある旧市街と美味しいワイン、ウォッシュタイプのフロマージュなどが特産品。サッカー好きは、「キング」 […]

アルファマの楽しさはアグアルデンテで始まった。

   列車でリスボン駅に着いて少し歩くと、右手にアルファマの丘がある。曲がりくねった細い石畳の道は、陽射しが強いので建物の影が濃く落ちていた。昼ごはん時になって、小さなレストランに入ったら、いかにも下町っ子とい […]