移民救助船がやっと入港

9/1
リビア沖で8月1日に107人の難民・移民を救出したスペインNGOのオープン・アーム号が20日に伊ランペドゥーザ島の港に入港した。サルヴィーニ伊内相が入港を拒否したため待機を余儀なくされ、19日後に伊検察局が入港を許可した。107人のうち40人をフランスが受け入れる。10〜12日に同じくリビア沖でスーダン人ら356人を救助したフランスONGのオーシャン・ヴァイキング号は23日にマルタ島に入港した。フランス150人ほか、独、アイルランド、ルクセンブルク、ポルトガル、ルーマニアが引き受ける合意で入港が可能になった。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る