“お坊さんも変わっていかなければ ” カンヌ映画祭・特別招待作品『典座-TENZO-』

©️Survivance – Film Tenzo

カンヌ映画祭の批評家週間に特別招待された『典座-TENZO-』は、曹洞宗のお坊さんが主役の異色作。ワールドプレミアには袈裟をまとった日本の僧侶が多数参加し、華やかな南仏のコート・ダジュールでフラッシュを浴びた。“ZEN文化”になじみ深いフランスでは、彼らの存在は妙にしっくりくるものがある。『サウダーヂ』『バンコクナイツ』が国内外で高い評価を誇る富田克也監督の最新作だ。

 

〈『典座-TENZO-』招待券プレゼント応募の詳細はページ下部に〉

 

富田克也監督(中央)と河口智賢(左)と、倉島隆行(右)。「カンヌにこれたのは夢のよう。老師も言っていたが仏教は縁でできている。思いと言葉を映像にしっかり残してくれた富田監督に感謝」と河口智賢さん。「若い頃、修行中にニースの禅寺に近いカンヌ映画祭に見学に来た。いつか必ず戻ってくると心に決めていた」と映画のプロデューサーで主演も務める倉島隆行さん。

主人公は二人の僧侶、かつて大本山永平寺で修行仲間だった智賢(河口智賢)と隆行(倉島隆行)。智賢は若い頃に仏門に反発したが、今は山梨に戻り修行を重ねる。妻や食物アレルギーを抱える息子ら家族に囲まれ、精進料理教室や電話相談の活動にも精を出す行動派だ。福島に戻った隆行は3・11後に自らが被災者となり、仮設住宅で暮らす身の上。瓦礫(がれき)撤去の仕事や犠牲者の慰霊も続ける日々だが、津波で流された本堂の再建は諦めきれない。彼らの日常を通して見えてくるのは、仏教のあり方や信仰の意味を問い直す僧侶たちの姿。ここに本作の精神的支柱となる高僧、青山俊董老師の貴重なインタビューが贅沢に挿入されてゆく。

製作は全国曹洞宗青年会で、今回、富田監督にとっては珍しい注文仕事となった。実は主役を務める河口智賢さんは監督の従兄弟にあたり、意外にも監督にとってお寺は子供の頃から身近な世界。しかし、「作りたい映画を勝手に作り、勝手に上映する」をモットーとする空族(富田監督が本作の共同脚本家である相澤虎之助と率いる映像制作集団)の哲学からはもしやズレるてしまうのでは?と思ったが、それは杞憂(きゆう)であった。宗教団体が製作とはいえ、仏教のヨイショ映画にはさせない。例えば、青山老師による鋭い言葉の数々。「ここまで日本の仏教をダメにしたのは坊さんです。檀家制度と世襲制度、どっちも国の政策に迎合しただけ」。あまりの切れ味に驚いてしまうほどだ。

©️Survivance – Film Tenzo

「お坊さんは綺麗なものを作って欲しいかもしれないが、それだけをやると遠い世界に住む限られた人の話になってしまう。“お坊さんも変わっていかなければ”というのを描いた」と監督はきっぱり。だからこそ、現役の僧侶が出演し、自らの分身のような人物に魂を吹き込むことに意味を持つ。架空の人物と現実の僧侶の心はひとつに重なり、フィクションとドキュメンタリーの境界線は消滅する。彼らはあくまで生々しい葛藤を抱えた等身大の人間。僧として周囲から頼りにされる存在でありながらも、時に動揺したり、悩んだり、涙を流すことだってある。「国権」という名の酒をあおり、飲み過ぎたら道端で吐いてみたり。彼らの演技は初々しい面もあるが、現役の僧にこれ以上望めぬほどの取り組みぶりだ。ふとこぼれる僧侶の優しい笑顔一つに、新鮮な魅力が宿っていた。

タイトルの「典座」とは、修行道場で食事を司る僧の役職名。精進料理の基礎を築いたのは道元禅師であり、仏教の宗派の中でもとりわけ曹洞宗では、体と命を作る「食」が重要な要素を担う。本作はその大事な精進料理の味付けの基礎「六味(苦・酸・甘・辛・塩・淡)」が、順にキーワードのように浮かび上がる。人生の酸いや甘み、苦みまでをも染み込ませた壮大な仏教の小宇宙が、スクリーンにじんわり広がってゆくようだ。

カンヌ映画祭の『典座-TENZO-』パーティでは精進料理が振舞われた。ヘルシーで外国人にも大好評。

約一時間の濃密で目も眩(くら)む富田版・映像曼荼羅(まんだら)のその先に、「我々は自然の一部であり、全ては繋がっている」という本質だけが立ち上がる。雑音ばかりが耳に飛び込む時代、大事な声に懸命に耳をすます作品だろう。(瑞)

フランスで2019年11月27日公開。

 


*プレゼントのお知らせ*

オヴニーは『典座-TENZO-』の招待券を、抽選にて20名様にプレゼントいたします(お一人様一枚)。お名前ご住所を明記のうえ、ご応募下さい。
【応募締切】2019年11月24日(日)23:59

『典座-TENZO-』招待券プレゼントに応募する


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る