パリ3区

「夜想曲」マリー・ボヴォ写真展 

Marie Bovo ”Nocturnes”  写真家集団マグナムのメンバーであり、カルティエ・ブレッソンの妻でもあったマルティーヌ・フランクの回顧展が開かれているカルティエ=ブレッソン財団(写真美術館)では、マルセイユ在住のスペイン人写真家、マリー・ボヴォ(1967-)の展覧会 [...]

「コロナ後」考える写真。サルガド、クラインなど〜日々のめまい〜展

Vertiges des jours   雑誌「ポルカ」も出している写真専門ギャラリー「ポルカギャルリー」が、世界中の写真家たちに、あるテーマに沿った作品を注文して開催したのがこの展覧会だ。テーマは「新型コロナ後の世界をどう想像するか」。 注文したのはフランスが外出禁止を終えよう [...]

Thérapie nationale 全国民のためのセラピー

スウェーデンの国民食であるソーセージや、児童文学の傑作「長くつ下のピッピ」のピッピに扮したペーター・ヨハンソン(1964-)のキッチュな写真は笑いを誘う。自作自演の美術家で、スウェーデンの伝統文化の象徴をターゲットにしている。 展示室には軍隊行進曲が流れ、国旗がはためき、一人で何 [...]

この夏、コーヒーを極める?

8月20日(火)〜9月7日(土) Coffee Summer Sessions コーヒー焙煎店 Caron で、コーヒーを多角的に楽しむ教室。 火曜は様々なコーヒーを味わう(13h30-15h-16h30)。 水曜はコーヒーの澱(かす)でロウソク作り(14h-16h-18h)。  [...]

Kilikio|ちょっと他にないギリシャ食材で、 夏のテーブルを彩ろう。

すぐれたワインバーやレストランが隠れる穴場的な通りにあるこのギリシャ食材店、ただものじゃない。壁一面にびっしり並ぶ、トマト、ナス、オリーブなど典型的な地中海素材のペースト類、タイム風味のハチミツ、ローカルな原材料で作られる穀物類と、気になるものだらけ。 店内中央に置かれた20種類 [...]

Au Bascou|バスク料理だけじゃない、3ツ星シェフの技術が光る店。

クリスマスや年末でお祝いモードの12月は、気持ちが高ぶるような食事がしたい。そんな今にぴったりで、とっておきの料理が食べられるのは、3ツ星シェフ、サンドランスのセカンドシェフを17年間務めたベルトラン・ゲヌロンが、自分の城を築きたいと開いたお店。肩肘張らない雰囲気ながらも、料理界 [...]

Elmer l’épicerie – 人気レストランの食料品店兼ワインバー。

例えば予算50€以下のレストランのランキングには、必ずといっていいほど名前があがるElmer。シェフのシモン・オルヴィッツさんは、まだ30代の若さながら、世界各地で修業した経験があり、彼の料理は独自の素材と料理法、自家製のピクルスをしばしばアクセントに使うなど、オリジナリティあふ [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る