「アグリバッシング」背景に、国際農業見本市。

シャロレー種、6歳のイデアルちゃんは、今年の農業見本市のミューズ。

Salon de l’agriculture

2月22日(土)〜3月1日(日)

家畜の品評会が見ものの国際農業見本市。食品コンクールと試食、「若い羊飼いコンクール」、「精肉コンクール」なども目玉のイベントのひとつだ。

初日の大統領の見本市訪問も、滞在時間や人々態度などが、大統領の農業への打ち込み具合や、人気の指標として例年注目される。(マクロン大統領は2017年には顔に卵を投げつけられた。口笛でブーイングをした人に対して「きちんと対話に応じろ」と怒りを表明したこともある。またサルコジ元大統領の有名な失言「消え失せろ、バカ野郎」も農業見本市での出来事であった。)

殺虫剤を使い続け環境派から敵視される農家、大型で生産性を優先し動物の扱いが「虐待」であるとされる農家、菜食人口が増え肉食を罪悪視する風潮など、農業に対するネガティブなイメージが高まった昨年は「農業いじめ Agribashing」という表現も出現した。

農家の低収入、経営難による自殺なども深刻で、今後が注目される分野だ。農業見本市開催前に地方紙のインタビューに応じたマクロン大統領は「強い緊迫感が感じられる今日の社会で、農業従事者を烙印から守り、農業モデルを変革することを成功させなくてはならない」と語っている。

”Au nom de la terre”は、農業の変化による世代間の葛藤、投資と借金返済が不可能になり自殺へと追い込まれた農夫の実話をもとに制作された映画。人気俳優のギヨーム・カネの出演もあり大ヒット作品に。


Parc des Expositions - Porte de Versailles

Adresse : Place de la Porte de Versailles, 75015 Paris
URL : https://www.salon-agriculture.com/
9h-19h、15/8€/6歳未満無料

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る