クリュニー美術館で、中世、日常の生活の道具展。

Peigne double décoré de scènes religieuses
Peigne double décoré de scènes religieuses : Annonciation et Adoration des Mages Pays-Bas méridionaux 15e siècle© RMN-Grand Palais (musée de Cluny – musée national du Moyen Âge) / Jean-Gilles Berizzi

Regards sur la vie quotidienne


9月28日(月)まで  

 中世のヨーロッパで、人々が日常的に使っていた物を展示。裕福な家庭の家具や豪華なベネチアンガラスの皿などが並ぶ。
 
今より大きいトランプは遊戯の必需品。宗教が日常生活の中にあった時代、持ち運びできる折りたたみ式の祭壇は観音開きにすると磔のキリストが現れる。聖母子彫像の構造は仏壇のよう。象牙の櫛にも宗教がモチーフに使われている。意外なのは耳かき。小さなスプーンの取手の飾りが美しい。



Musée de Cluny

Adresse : 28 rue du Sommerard, 75005 Paris
URL : https://www.musee-moyenage.fr/
火休、9h15-17h45 9€/7€

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る