公立病院救済策、政府発表

11/20
公立病院の人員・予算増を求める抗議運動に対し、政府は対策を発表した。2020年の病院への予算842億€に3億€を追加(3年間で15億€の追加)。公立病院の300億€の負債のうち100億€を今後3年間で政府が肩代わり。病院勤務の医師と薬剤師の初任給の引上げ、住居費の高いパリ首都圏の看護師、介護士には年800€の手当、高齢者ケアの介護士には月100€の手当を支給。3月にパリの救急科の看護師・介護士のストから始まった抗議運動は全国268の公立病院に拡大。この措置を不十分として、医師、看護師組合はストを続ける。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る