サッカー場で反同性愛行為

9/6

仏プロサッカーの一部リーグの新シーズンが8月半ばに始まって以来、反同性愛的な横断幕や合唱のために試合が中断される事態が再三起きている。

この問題についてノエル・ルグラエ仏サッカー連盟(FFF)会長はウエスト・フランス紙のインタヴューで、少数のサポーターの不適切な行為によって大多数のファンが迷惑を被り、サッカーそのものが批判されていると抗議した。8月16日のナンシーにおける事件ではファンクラブのゾーンが次の試合で閉鎖され、捜査も始められた。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る