3歳から103歳までのアート好き、集まれ!

ピカソのアトリエを再現した 『Villa la Californie』は、8枚の巨大パネルをつなぎ合わせた大作。製作期間はなんと12年!

 パリ1区、ポン・ヌフ近くにあるMusée en Herbe(ミュゼ・アン・エルブ)は、1975年の開館以来「3歳から103歳まで楽しめる」ことを基本方針とした美術館。ベルギーの漫画の主人公タンタンや、パリの町なかでもよく見かける、モザイクで作られたインベーダーなどをテーマに展覧会を企画し、年間約12万人を迎える人気ミュージアムだ。今年6月、美術館の向かいの元百貨店ラ・サマリテーヌの改修工事現場で壁が一部落下し、閉館を余儀なくされていたが、ついに再オープン。アート好きな子どもと大人たちが戻ってきている。

 現在開催中の『Ateliers à la loupe(虫眼鏡でのぞくアトリエ)』は、イギリス出身の画家ダミアン・エルヴィズが有名アーティストのアトリエを描いた30作品を集めた展覧会だ。“探偵ダミアン”を自称する彼は、印象派の巨匠モネから現代美術家アイ・ウェイウェイまで、世界のアーティストのアトリエを徹底的に調査。ときには実際に足を運び、ときにはインターネットを駆使して、製作現場の空気感と作家の個性までを細やかに観察し、緻密な表現力でキャンバスの上に描き出している。

パレットを探せ!

 5〜12歳対象の見学ツアーは、盗まれたダミアンのパレットを見つけるため、子どもたちが犯人と思しきアーティストのアトリエへ潜入する、というストーリー仕立て。ガイドさんと一緒にアトリエの絵の中に描かれた小さな手がかりを探しつつ、作品への興味と理解を深めていくというものだ。探偵帽と赤いスカーフを身につけ、小さな虫眼鏡を手にしたちびっこ探偵と一緒に、アーティストの秘密を解き明かしてみませんか?(裕)

 

(写真左)犯人はもしかして、このアーティスト?/(写真右)見学ツアーのほか、展覧会の内容に関連した作品づくりに挑戦するワークショップもあり。

 

■ Exposition “Ateliers à la loupe”

9月23日まで。
2.5~4歳: 見学ツアー 9€、ワークショップ 10€、見学ツアー+ワークショップ 14€ (大人付き添い4€)
5~12歳: 見学ツアー 10€、ワークショップ 10€、見学ツアー+ワークショップ 16€ (大人付き添い6€)
※要予約。詳細は美術館のHPで確認を。


Musée en Herbe

Adresse : 23 rue de L'Arbre Sec, 75001 Paris
TEL : 01.4067.9766
アクセス : M° Louvre-Rivoli, Pont Neuf
URL : musee-en-herbe.com
10〜19h、木曜〜21h