Ovni | Numéro 843

フランスの緑玉キャベツで、ロールキャベツを作る。

   フランスでは緑の玉のキャベツchou vert /chou de Milanに人気がある。その緑玉でロールキャベツを作ってみよう。日本では豚肉と牛肉の合い挽きを使うことが多いけれど、牛肉のかわりに子牛肉を使うと、柔 […]

パリの日曜大工コワーキング・スペースへ行ってみた。

Après le DIY, partons pour le DIWO !  フランスで古いものに囲まれて暮らしていると、必要に迫られるまま、bricolage(ブリコラージュ)こと日曜大工が生活の一部になってくる。築10 […]

Degas Danse Dessin
ドガ没後100年の特別企画展

2月25日(日)まで オペラ座の踊り子の絵で有名なエドガー・ドガ(1834-1917)は、作家ポール・ヴァレリー(1871-1945)と親交があった。ドガの死後20年後にヴァレリーが出版したドガの挿絵本「ドガ・ダンス・デ […]

怪優と諏訪監督との出会いから始まった映画。

『ライオンは今夜死ぬ』 映画製作は長距離走だ。1月3日公開の諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ/Le lion est mort ce soir』は、 2012年秋のジャン=ピエール・レオと監督の出会いが起源だ。 フランソ […]

よむたび。〈3〉
ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 アカシアの賛美歌』 著  コスィ・エフウィ Seuil 社 抗う女性たち。  コスィ・エフウィの5作目となる小説は、家父長制社会の中で、もがきながら生きる女性たちの人生を親子三代にわたって辿っている。予言者であり歴史 […]

Sissoko/el Maloumi/Rajery 撥弦楽器名人たちのコンサート。

1月14日(日) マリのコラ奏者バラケ・シショコ、モロッコのウード奏者ドリス・エル・マルミ、マダガスカルのヴァリハ奏者ラジェール、各国を代表する撥(はつ)弦楽器の名人たちのコンサート。各楽器のリズム、色合いがみごとに溶け […]

Barbara chante Barbara
バルバラの歌はバラバラで。

 バルバラ没後20年。彼女に捧げるコンサートや、ザジなど13人の女性歌手がバルバラを歌うアルバム、アレクサンドル・タローによるピアノ編曲盤、パトリック・ブリュエルの聴くに堪えないバルバラ集ビデオなど、この一年ちょっとした […]

お客さんと喜びを分かち合う。
H.Kitchen

北口英範さん (45歳)     Duroc駅近く、マイエ通りにひっそり店を構えるH.Kitchen。一度来ると何度も通ってしまうという噂どおり、ほぼ毎日通う弁護士さん、週に2、3回通うという女性2人組や数軒隣にブティッ […]

800人

パリでも冬は深夜から早朝にかけて零度以下になることが多いが、Secours populaireによると、現在約800人が歩道など屋外で寝ている。パリ市の緊急医療サービスの最近の調査によると、そのうち子供は約50人。

Lieux saints partagés
3つの宗教共通の聖地

1月21日(日)まで      地中海沿岸とヨーロッパにあるユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の聖地を写真、ビデオ、アートで紹介。共存、寛容とは何かを見る人に問いかける。エルサレムをイスラエルの首都と承認したトランプ […]

Cire Trudonのキャンドル

クリスマスイブの晩餐、会食やロマンチックなディナー、そしてインテリア装飾としても、フランス人の生活にキャンドルは欠かせない。照明用具としては使われなくなった今も、カトリック教会では儀式に欠かせないし、室内にほのかな香りを […]

ジャン・ドルメッソン

「死より強いなにかがある。それは生き残っている人の記憶の中での、いなくなった人たちの存在感だ」  「日々、月々、年々と絶えることなく何もなくすぎていくが、ときに世界一切を含むような数分や数秒がある」というのも考えさせられ […]

Champagne
どれを、どうやって飲もうかな?

 シャンパンが出てきてポーンと栓が抜かれると、食卓がたちまち華やかなものになる。フランス人は、ぼくはモエ・エ・シャンドン、わたしはヴーヴ・クリコなどと、好きなシャンパンが決まっていることが多い。なぜなら、ピノ・ノワールや […]

まちかど写真:Johnny 命

シャンゼリゼ〜マドレーヌ寺院周辺 12月6日に亡くなった国民的歌手ジョニー。 マドレーヌ寺院で執り行われた9日の葬儀には、棺が到着するのは昼ごろだというのに、少しでも近くに寄ろうと、朝7時には人々が沿道に陣取り始めていま […]

CD : John Eliot Gardiner “Magnificat”

33年ぶりにガーディナーがバッハの『マニフィカト』を、1728年に改定される前の初版で再録音。この版は調性がやや高く、ガーディナーのテンポが全体的に早め。冒頭の「Magnificat…」から、その輝かしさに踊り出したくな […]

Le Comptoir Iodé
特別感あるシーフード料理。

 年末がせまってくると気になるのがカキ。この季節にはどうしても食べたくなるものだ。そこで登場なのがこの店です。生ガキはブルターニュ地方カルナックから運ばれる野生種や、オレロン産など、3つ単位でサイズも量も好きなように組み […]

コルス議会選、独立派勝利

12/10 来年1月に2つの県から1つの領土共同体に移行するのを受けて、コルス議会(定員63)選挙が行われた。決戦投票の結果、自治拡大派と独立派の連立リスト「ぺ・ア・コルシカ」が56.5%の得票率で41議席を獲得し、改選 […]

Le Grand Réveillon Soul
大晦日はファンキーに!

12月31日(日) 大みそかはNewMorningでファンキーな晩を。22hから02hまでRoofTopがJ.ブラウン、S.ワンダー、ビヨンセ、ファレル・ウイリアムスらのソウルを演奏、その後InFunkWeTrustのD […]

アフリカが照らされるとき。
パスカル・メートルの写真。

Pascal Maitre フォトジャーナリストのパスカル・メートル(1955-)は、写真界では知られた存在だ。フランス開発庁(AFD)と写真雑誌「ポルカ・マガジン」が主催するコンクールで、2016年に「最優秀プロジェク […]

残留フランス人IS戦闘員にどう対応?500人の未成年者も。

シリア北部のラッカが10月に陥落し、イスラム国(IS)が事実上支配地域を失ったことを受け、残留しているフランス人戦闘員の問題が浮上している。未成年者500人を含む仏人約1200人がシリアとイラクに残っているとみられ、現地 […]

Andreas Schollのクリスマス・コンサート。

12月22日(金) カウンターテナーのショルが「天国からのプレゼント」と題しバッハ、ヘンデルのカンタータを中心にクリスマスコンサート。Ensemble1700の演奏、オベルリンガーが、リコーダー演奏と指揮。20h、5〜9 […]

サパンさまの、おなーりぃー。

 月と星が、まだ暗い空で輝いている。朝6時のセーヌ河岸、アレクサンドル3世橋のたもとに平底船「ミラドール号」が到着した。船には、園芸連盟Val’horが大統領官邸・エリゼ宮に献上するサパン(モミの木)が積まれ […]

長い記憶。
ベルナール・エスマンさん

 国立公文書館で「Hibakusha – 広島と長崎の生存者による絵画展」が始まった。1974年から2002年にかけて、NHKが被爆体験者の絵を募集した際に寄せられた、3600作の被爆者の絵。そこから、200 […]

Profiteroles 暖かいチョコレートをかける、シューアイス。

 別の記事の、スモークサーモン入りのシューのレシピーで、シューが上手に焼けたら、次は、このシューを使った代表的なデザート、プロフィテロールを作ってみよう。生地に入れる塩の量は一つまみくらい、そして砂糖を小さじ2杯加えて、 […]

スモークサーモン入りのシューがシャンパンの味を引き立てる。

Gougères au saumon fumé  ノエルやら年末のパーティーやらでシャンパンを飲む機会が増えてくる。シャンパンのおつまみに最適なのが、ふわっと軽い口当たりの小さなシュー、グジェールだろう。ふつうは、グリュ […]

OVNI 843

OVNI 843 : 15/12/2017

共和党総裁、ヴォキエ氏

12/10 共和党の総裁選挙でロラン・ヴォキエ氏が74.64%の得票率で、決戦投票を待たずに当選した。フィヨン派のフロランス・ポルテリ氏は16.11%、ジュペ派のマエル・ドカラン氏は9.25%。党員23万人強の投票率は4 […]

ラファルジュ幹部、被疑者

12/8 仏セメント大手ラファルジュ(現ラファルジュ・ホルシム)社のブリューノ・ラフォン元会長とクリスチャン・エロー元幹部が「イスラム国(IS)」への資金援助容疑で被疑者になったと仏紙が報じた。同社は2013年11月~1 […]

ジョニー、74歳で死去

12/6 フランスの国民的歌手ジョニー・アリディさんがパリ郊外の自宅で肺がんのために亡くなった。享年74歳。1960年17歳でのデビュー以来57年間、プレスリーのカバー曲をはじめロック、フレンチポップスなど1000曲以上 […]

粉ミルク、サルモネラ感染

12/2 保健省はサルモネラ菌汚染の疑いのある乳児用粉ミルクを回収すると明らかにした。問題の製品はラクタリス・グループの粉ミルクPicot SL、Pepti Junior、Milumel Bioで、7〜11月にマイエンヌ […]

子の交替養育で議論沸騰

12/1 中道MoDemが提出した、離婚後の子どもの交替養育を原則化する法案が国民議会で審議されたが、議論が紛糾し採決できず、MoDemの次回の法案提出枠の来年5月の審議に持ち越される公算だ。同法案は、離婚・別離後に両方 […]

政府、家賃制限続行を支持

11/29 メザール国土連帯相は家賃制限の試験的導入を続行すべきと発言した。リールとパリの行政裁判所が、都市圏でなく一つの市だけに標準家賃を設けるのは違法との判断を下したのを受けて、同相が国会で答弁したもの。この措置は、 […]

Contes et Histoires
歴史的建造物でおとぎ話。

12月17日(日)〜1月7日(日) ノエルの休暇中、パンテオン、コンシエルジュリなど国立歴史建造物センターが管理する建造物でスペクタクルやおとぎ話。全国21カ所で開催。詳細は、サイトで。

Patiner à la Défense
地上110m屋上テラスでスケート。

 12月15日(金)〜1月14日(日) 今年はラ・デファンスの新凱旋門にスケートリンクが登場。高さ110メートルの屋上ではショコラやシャンパン、クレープなども。毎日10h-19h、火・木-22h。大人10€/こども5€/ […]