農薬散布制限の市長、召喚

8/22
民家や会社などから150m範囲内での農薬使用を禁じる条例を5月に公布したラングエ町(人口602人)のダニエル・キュエフ町長が、レンヌ行政裁判所に召喚された。

こうした措置は町長の権限外であるとしてイル・エ・ヴィレンヌ県庁が訴えていた。裁判所前には600人以上の住民、市民団体などが町長の支援に駆けつけ、支援署名は10万人に上った。ヨーロッパ・エコロジー緑の党のジャド党首ら政治家も支援を表明。

ボルヌ環境相は自治体首長にはこのような条例は制定できない、農薬使用の規則については検討中と発言した。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る