LBD使用警官に捜査開始

4/4
12月にゴム弾(LBD)で高校生の頭に重傷を負わせた警官に対する捜査を開始するとオルレアン検察局が明らかにした。この件について国家警察監察総監(IGPN)は、警官のLBD使用は適切だったと3月末に結論。しかし、検察局は使用方法の適切性を捜査すると決めた。黄色いベスト運動における治安部隊の暴力は問題になっており、内務省発表によると3月7日までにデモ側で2200人が負傷。催涙手榴弾では5人が手を失った。また、治安部隊の暴行に関する司法によるIGPN調査命令は174件(うち83件がLBD)に上る。