Languedoc

今回のレシピのような地中海料理には、地元のワイン、というわけで、ガール、エロー、オードの3県で作られ、どんどん品質が向上しているラングドックの赤。熱い太陽を浴びて育ったグルナッシュ種のブドウが半分以上、それにコット・デュ・ローヌにも欠かせないカリニャン種やシラ種のブドウが原料。2015年物だけに、濃い朱色も落ち着き、コクがありながらもすでに上品な味わい、喉ごしもまろやか。コケモモやサクランボを思わせる香りも素晴らしい。値段は8€前後だが、極上のコット・デュ・ローヌだってうかうかできないだろう。