全仏オープン、ナダル優勝

優勝が決まった瞬間、コートに仰向けで横になったナダル。

6/9

テニス4大大会の一つ、全仏オープン(ロラン・ギャロス)の男子シングルス決勝で、ラファエル・ナダル(西)はドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦し、セット数3-1で同大会12度目の優勝を果たし、クレーコートでの強さを見せつけた。4大大会優勝は18回。

ナダルに敗れたティエム。

女子シングルス (8日)はアシュリー・バーティ(豪)がマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)をストレートで下して4大大会初優勝。日本勢は錦織圭が順々決勝でナダルにストレート負け。世界ランク1位の大坂なおみは3回戦でカテリナ・シニアコバ(チェコ)にストレート負けを喫した。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る