FCA、ルノー合併案撤回

6/6

伊米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は仏ルノーに提案していた合併案を取り下げた。この両者対等の合併案にルノー経営陣は賛成だが、同社の株式15%を保有する仏政府の要請で取締役会が決定を先延ばしにしたため、FCAは提案を撤回。

仏政府は合併後新会社の役員ポストの確保、国内工場と雇用維持の保証を求めており、検討の時間が必要としている。合併案は今後復活する可能性があり、その際、ルノーのパートナーである日産はルノーの日産持株分引下げを求める方針と仏紙は報じている。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る