コロナ:交通機関、段階的に縮小。パリ交通ほぼ通常通り。

会見するボルヌ環境移行連帯大臣(左)と、ジャン=バティスト・ジェバリ環境省付交通担当副大臣(右)

 エリザベット・ボルヌ環境大臣と、ジャン=バティスト・ジェバリ交通担当副大臣は、3月15日、会見を行い、コロナウイルス感染拡大の勢いを抑えるため、交通機関の運行を縮小させていくことを明らかにした。

 あす月曜日(3月16日)は、RER AとB線は通常通り運行。メトロは通常の80%程度運行。バスとトラムは通常通り運行。長距離を走るTGV、TERなどは月曜(3月16日)は、通常時10本のところ7本を運行するが、火曜日以降は3本に2本の運行に減らす。貨物列車は通常通り運行。ガソリンスタンドは営業するのでガソリン不足の心配はなし。

空港は閉まらないが、オルリー2は水曜日から、シャルル・ドゴール空港のターミナル2Gも来週末にかけて閉める可能性。アメリカとアフリカへの便、国内・海外県への便は運行する。

フィリップ首相は、昨晩(3月15日)、移動を最低限に抑え、仕事も在宅勤務を優先させるよう国民に促した。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る