おすすめスポット

パリ左岸、新デジタル地区を歩く。

Paris Rive Gauche, le quartier numérique ! 旧駅舎を全面的にリノベーションしたStation Fは、全長310m(横倒しにしたエッフェル塔くらい)・横幅58m・最大収容人数9千人。 パリ左岸、13区。今そのセーヌ川沿いの一角が、都市開発プロジェクト Paris Riv...

パリで泳ぐ?ヴィレットに3つのプールがオープン。

"Partez!" イダルゴ=パリ市長のかけ声で、50人ほどの子どもが「キャーッ」と歓声をあげながら、水に飛び込んだ。今朝、ヴィレット貯水池の水浴場が、イダルゴ市長と19区の区長の立会いのもと、公式に「水開き」された。 シャワー、ロッカー、更衣室など設備も整っている。 サンマルタン運河とウルク運河...

「金のしずく」地区の再開発?

Goutte d'Or イスラム文化センター・本館と分館 常に人であふれ、独特の熱気があるグット・ドール地区。バルベス駅前にある激安日用品店TATIの買収をめぐって、5月4日、リストラを危惧する社員たちが抗議デモを行った。一方で、交差点の向かいに2015年にオープンしたルーフトップ付き3階建てブラッスリー...

カルメンとビゼーをたずねてパリ散歩。

Paris 9ème, avec Georges. ビゼー夫妻、義父フロメンタル・アレヴィーらが住んだ館④。ビゼーの妻ジュヌヴィエーヴはサロンを開き著名人を招いていた。今の内装は、第1次世界大戦後に娼館となった時代のもの。家は一部がナイトクラブ・バーになっている。 Le Carmen : 34 rue Duper...

BnFリシュリュー館、6年ぶり一般公開。

Bibliothèque nationale de France Richelieu フランス国立図書館リシュリュー館 1861年から68年にかけて造られた大閲覧室は、1983年歴史建造物に指定された。今回の改修で丸天井を新しく入れ替え、床の絨毯を取り除いて生まれ変わった閲覧室には、l’INHA(国立美術史研究所...

パリのど真ん中に ワイン醸造所作りました!

マチュー・ボッセさんの、Les Vignerons Parisiens。 10月25日。前日南仏で収穫されたシラー種のブドウがトラックで到着。有機栽培、ビオディナミのブドウを使っている。醸造、開始! マチューさん。南仏から届いたぶどうと記念撮影。 パリ3区、アール・ゼ・メチエ界隈を散歩中、”Les...

パリにオープンするロシア教会と文化複合施設

新しいロシア正教会のドームと、エッフェル塔。ドームは大小5つある。 アルマ橋のたもと、ケ・ブランリー通りとラップ大通りの角に、1950年代調の、いかめしいフランス気象局の建物があったことを覚えている人は少ないかもしれない。解体されて久しいが、ここ2年間、急ピッチで新しい建物の工事が進行し、夏からは金色のマカロン...

気分を変えて、 たまにはこんな場所で。

ラブホテルがパリにもある。ご休憩1時間25€〜、となっている。場所はレアールの、少しわい雑な地区。住所と看板を確認して中に入ると、ズラリと並ぶアダルトビデオや大人のおもちゃ。いわゆるアダルトショップだ。まず入り口のおじさんと挨拶。全く人に会わない日本のラブホの感覚で行くと、少しうろたえる。 本当にここなの...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る