芸術

話題の作品や、開催中の展覧会情報を交えて解説。

よむたび。〈20〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 サベナ(仮題) 』 SABENA エマニュエル・ジャンヴラン著 Éditions Gallimard刊   アフリカの島々、その歴史と多様性。 私たちはよく「アフリカ」を一つの塊のようなものとして語りがちだ。料理、映画、文学、音楽…。それがどの国の、どの地域から由来したものであろう...

半世紀経って再現されたジャコメッティのアトリエ。

20世紀近代芸術を代表する彫刻家アルベルト・ジャコメッティ(1901〜66)が住んでいた家が、14区のイッポリット・マンドロン通りに遺されています。イタリア国境に近いスイスで生まれ、1922年にパリに来たジャコメッティは、26年から死ぬまでの40年間をこの家で過ごした。30年からは、造形作家の弟ディエゴが同居、...

ダリの作品オークションに。

6月4日(火)  Les Métamorphoses de Dalí Salvador DALÍ 1904-1989 Corazon - 1968 サルヴァドール・ダリが1959-76年に描いたグアッシュ15点が競売に。スペインの製薬会社からの注文で、同社のグリーティングカードとして使われた作品。想定落札...

カンヌでパルムドール受賞作、
ポン・ジュノ監督『Parasite』。

©The Jokers / Les Bookmakers カンヌ映画祭の話題作が早くもフランスで劇場公開だ。監督は『グエムル−漢江の怪物−』『オクジャ/okja』のポン・ジュノ。シネフィルから支持されながらもしっかり大ヒットを飛ばし、ネットフリックスも才能に目をつける幸せな韓国の鬼才だ。まだ本原稿の執筆段階で受...

第72回カンヌ映画祭だより⑤韓国映画史上初のパルムドール、ポン・ジュノ監督『Parasite/パラサイト』

ポン・ジュノ監督、受賞後の会見。   「審査員満場一致で」決定した最高賞。  昨年の『万引き家族』に続き、アジア映画が二年連続で最高賞の快挙です。韓国の鬼才ポン・ジュノ監督の『Parasite/パラサイト』が、第72回カンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞しました。審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス...

CD : Serge Gainsbourg “Du chant à la une!…”

友人宅でゲンズブールのファーストアルバム(1958年)を聴いた。柔らかく鼻にかかったテノールが、アラン・ゴランゲールのジャズ風アレンジにのって軽妙にスイングし、歌詞の一語一語が聴きとれる。親友ボリス・ヴィアン並みの辛辣なユーモア!『リラの門の切符切り』などのリフレインの楽しさ。映画のヌーヴェル・ヴァーグに通じる雰囲...

第72回カンヌ映画祭だより④ 初!ミニ託児所と、今年のカンヌ特製バッグ

アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』ポスター  カンヌ映画祭で今年初めて登場したもの、それはミニ託児場です。その名も「Ballon Rouge」。1956年の短編パルムドールを受賞した、アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』にちなんでいます。国や自治体がブースを出すインターナショナル・ヴィレッジ(国際村)内にあり...

よむたび。〈19〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 蟹の足跡(仮題) 』 Empreintes de crabe パトリス・ンガナング著 / Editions JC Lattès刊   カメルーン、戦争の記憶。  元医師のニタプは、カメルーン西部の故郷バングアで隠居生活を送っていた。彼はアメリカに暮らす息子タヌーの要望で、海を渡って未知の国を訪れる。大学...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る