発言

“Sous les pavés, la plage”
敷石の下は砂浜

「Sous les pavés, la plage 」 「Paris Plages」の宣伝文句? いいえ、「68年5月」の人気スローガンの一つです。発案者はベルナール・クザンという労働者。当初は「Il y a de l& […]

Déconstruction=解体?破壊?

「不法占拠者の排除と建物の解体 déconstructionは終了した」  4月11日、ノートルダム・デ・ランド 占拠者の強制排除は、占拠者側の抵抗が激しく、地元紙によればマクロン大統領が中止を指示。12日、それに関する […]

同性婚反対デモ

「 ぼくは、なんだかわからないスローガンを叫んだ。12歳だった。その日、両親はぼくの権利に反して、ぼくをデモに連れて行ったのだ。そのことを思うたびに心が傷む」 “J’ai hurlé des sl […]

ベルトラン・カンタ歌手業復帰で物議

「彼は刑に服し釈放され自分の職業に戻ろうとしている。彼のコンサートに行く・行かないかは各人の自由。…あなた方のやってることは、マッカーシズム(1950年代ハリウッドなどでの赤狩り運動)のようなもの」 ” Ce […]

「何に復讐するのですか? 」

「 何に復讐するのですか?  ジョナタンはもう十分に苦しんでいるのですから。さらに苦しませてもしょうがない。私たちの心をさいなんでいるのは悲しみです」 846号のこの欄で、アレクシア・ダヴァルさん殺害事件の容疑者として、 […]

イル・ド・フランス地域圏のホームレス

「耐えられない発言だ。パリ市民は誰もこんな発言は信じない。ホームレスの数を少なめにするのは政治的な意図だ」 “Ces propos, repris par certains parlementaires, s […]

シアッパ男女同権担当相「assassinat」?

「 口論でもない。情熱が原因の事件でもない。殺人assassinatです」  昨年10月末、アレクシア・ダヴァルさん の死体がオート・ソーヌ県の森の中で発見された。1月29日から、夫のジョナタン・ダヴァルさんが主要容疑者 […]

フランス料理界の国宝的存在
ポール・ボキューズ

「 2、3人の仲間と、メイン一品、たとえばポトフとか鶏肉料理、それにうまいワインひと瓶。これだけでも十分幸せだ。シンプルな幸せ !」 1月20日、フランス料理界の国宝的存在、ポール・ボキューズが91歳で亡くなった。「あな […]

マクロン大統領「新年の辞」

「 (2018年に)、私生活で疑問を抱くときや災難に遭うときがあるでしょうが、私たちはフランス国家であるということを忘れてはいけません」 マクロン大統領のテレビでの「新年の辞」から。これに対し、ツイッター上で「恋人に捨て […]

ジャン・ドルメッソン

「死より強いなにかがある。それは生き残っている人の記憶の中での、いなくなった人たちの存在感だ」  「日々、月々、年々と絶えることなく何もなくすぎていくが、ときに世界一切を含むような数分や数秒がある」というのも考えさせられ […]

一方に労働者、他方にアーティストが、一番満たされる。

「 やけにブルジョワ臭かったね。(…)一方に労働者、他方にアーティストというのが、一番満たされた気持ちになるんだ。あなたの名前は? 私はジャック  !  」 15年前、あるダンサーが晩さん会の息苦しさに耐えかね、外へ出て […]

ユロ環境相、原発削減で後退。

「 2025年達成は、化石燃料(天然ガスや石油、石炭)による発電を再推進しないかぎり困難だろう。2030年ないしは2035年を目標にしたい」 11月7日、ユロ環境移行相の発言。2025年までに原発への依存率を75%から5 […]